「ソフトウェア, ハードウェア, 乗り物,」カテゴリーアーカイブ

NVIDIAが世界で最も完成度の高い「レベル2+」自動運転プラットフォーム「DRIVE AP2X」を発表

NVIDIAが技術カンファレンス「GPU Technology Conference 2019(GTC 2019)」の中で、完全なレベル2+の自動運転を実現するプラットフォーム「DRIVE AP2X」のリリースを発表しました。イベントでは、トヨタとの関係を発展させた協業や、自動運転のシミュレーションプラットフォーム「NVIDIA DRIVE Constellation」などについても発表がありました。

続きを読む...

NVIDIAが自動運転システム「Drive AutoPilot」の商用利用をスタート

NVIDIAが開発を進めている自動運転システムの「Drive AutoPilot」が、世界で初めて自動運転カテゴリのレベル2(部分的な自動操作)を満たすシステムとなったことが発表されました。レベル2を満たすということで、Drive AutoPilotはクルーズコントロール機能やレーンコントロール機能だけでなく、ステアリング・加減速なども自動で制御できるようになります。

続きを読む...

Waymo(元Google)が運転手ナシの完全自動運転カーのテストをカリフォルニア州で開始

Alphabet傘下でGoogleの兄弟企業であるWaymoの完全自動運転カーが、アメリカ・カリフォルニア州の公道を走る許可を得ました。運転席に人を置かない完全な自動運転カーの走行テストは、アメリカ・アリゾナ州に続く形となります。

続きを読む...

テスラが安全性レポートを公開、オートパイロットは事故発生の割合を70%以上も軽減する

2018年10月4日に、テスラは2018年Q3(7月から9月)の安全性レポート「Vehicle Safety Report」を発表しました。この中で、テスラの半自動運転システム「Autopilot(オートパイロット)」モードでは、通常運転時よりも事故発生の割合が70%以上も低いことを明らかにしています。

続きを読む...

テスラ・日産・ボルボ・GMの半自動運転システムの性能をコンシューマー・レポートが評価、求められる安全性とは?

アメリカの消費者向け月刊誌「Consumer Reports(コンシューマー・レポート)」が、半自動運転機能などの先進的な運転支援システムの性能評価を行いました。トップに選ばれたのはGMの「Super Cruise」ですが、「自動車の安全とは何か?」という根本的な問題に即した独自の視点に基づく調査手法によって行われており、自動車技術のあるべき進化を考える上で興味深い内容となっています。

続きを読む...

テスラの元エンジニアがテスラ車の製造工程における不都合な真実を暴露投稿

元テスラのソフトウェアエンジニアだったという人物が、かつての仕事について赤裸々な告白を、掲示板「The Something Awful Forums」のサブフォーラムの中のサブフォーラムで行っています。テスラ車のファームウェアのインストール方法など、エンジニア目線でうんざりするような内容だったという告白は、多くの閲覧者の関心を引いており、質問に答えるAMA(Ask Me Anything)が行われています。

続きを読む...

テスラが自社で自動運転用のAIチップを開発、NVIDIAシステムの10倍の性能とマスクCEOは豪語

電気自動車(EV)メーカーのテスラが、開発中の自動運転システム専用のAIチップを自社開発していることをイーロン・マスクCEOが明らかにしました。かねてからウワサされていたテスラ独自のAIチップは、多くの自動車メーカーも採用するNVIDIA製システムの10倍以上の演算性能を誇るとマスクCEOは豪語しています。

続きを読む...

テスラが自社で自動運転用のAIチップを開発、NVIDIAシステムの10倍の性能とマスクCEOは豪語

電気自動車(EV)メーカーのテスラが、開発中の自動運転システム専用のAIチップを自社開発していることをイーロン・マスクCEOが明らかにしました。かねてからウワサされていたテスラ独自のAIチップは、多くの自動車メーカーも採用するNVIDIA製システムの10倍以上の演算性能を誇るとマスクCEOは豪語しています。

続きを読む...

世界でただ1人、Waymoの自動運転カーに乗っている女子高生がいる

Alphabet傘下でGoogleの兄弟企業であるWaymoは、2018年末にもアメリカの一部地域で有償の無人タクシーサービスを開始しようとしています。2018年8月初頭時点では、ボランティアのモニタースタッフを登用した実地テストが行われており、その中には唯一のティーンエイジャーの女子高生が含まれています。

続きを読む...

自動運転カー技術はまず「長距離トラック」の分野で実現される可能性、その理由とメリットとは?

2020年代の投入をターゲットに開発が進められている自動運転カー技術は、一般の乗用車よりも先に物流の一翼を担うトレーラーやトラックなどの運送業の世界で実用化が成し遂げられるかもしれません。アメリカで古くから支持される批評雑誌・メディアの「Consumer Reports」はなぜ運送業界で自動運転カーが実用化されるべきなのか、そのメリットについてまとめています。

続きを読む...

テスラとWaymoは自動運転カー実現における最重要項目「データ」をどのように扱っているのか

2020年代の実現に向けて開発が進められる自動運転カーの実現のためには、膨大な量のデータから有用な内容を解析して抽出し、人間にかわって判断を行う人工知能(AI)に多くの事を学習させる必要があります。自動運転カー実現に向けて最先端を走っているといわれるのは、イーロン・マスク氏がCEOを務めるテスラと、Googleの兄弟企業であるWaymoの2社ですが、両社の開発の取り組み方には大きな違いが存在しています。

続きを読む...

Uberの自動運転カーが女性をはねて死なせる事故が発生、Uberは自動運転の公道テストを中止

公道で走行テスト中の配車サービスUberの自動運転カーが、歩行者を跳ね飛ばして死亡させる事故が起こりました。「自動運転カー技術は未成熟であり、公道テストは時期尚早ではないか?」と訴える声が大きくなることが予想されます。

続きを読む...

「運転席のない」自動運転カーの一般道走行が許可される

アメリカ・カリフォルニア州の車両管理局(DMV)によると、4月からカリフォルニア州の一般道で「運転席のない」自動運転カーの試験走行を許可すると発表しました。車にドライバーを乗車させない自動運転カーの走行が許可されるのは初めてのことで、早ければ4月早々から自動運転カーが一般道デビューすることになります。

続きを読む...

5インチディスプレイ搭載、世界初のAndroid搭載電動スクーター「Citee Connct」が2018年4月に登場

フランスの家電メーカーARCHOSから、Android 8.0 Oreo を搭載した「つながる」Androidスクーター・Citee Connctが発表されました。2018年4月に販売が開始される予定で、オンラインストアでの価格は399.99ユーロ(約5万3000円)になる予定です。

続きを読む...

テスラの「Autopilot」とGM「SuperCruise」のどちらの半自動運転システムが優れているのかを徹底比較

完全な自動運転技術の確立にはまだまだ時間がかかりますが、テスラの「Autopilot」のような「半」自動運転システムは、確実にドライバーの負担を減らす効果があり、安全性を向上させるためにも不可欠な技術になりつつあります。他社に先駆けて公道での半自動運転システムをいち早く導入してきたテスラのAutopilotと、巨大な自動車メーカーであるGMが高級車キャデラックに満を持して導入した「SuperCruise」について、The Driveのアレックス・ロイ氏が徹底比較して、その優劣を評価しています。

続きを読む...

アメリカ海軍が軍艦にレールガンを搭載した中国に対抗するため約160億円の巨大レーザーキヤノンを購入

アメリカ海軍は約1億5000万ドル(約160億円)を支払って、ロッキード・マーティンのレーザー砲を2基購入しました。1基は陸上での試験用、もう1基は2020年初頭にアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦に搭載される予定とのことです。当初はここまで急いで契約することはなかったようですが、中国が軍艦にレールガンを搭載して開発を進めている可能性を考慮し、早急に軍備を増強すべく、実用化に難航しているレールガンではなく、レーザー砲の配備に方針を変更したようです。

続きを読む...

無人で交通違反を摘発する自動運転パトカーの登場で違反ドライバーは絶対に逃げられないようになる

自動運転カーの登場で交通違反が減ると予想されていますが、ハンドルを握るドライバーがいる限り、交通違反がなくなることはありません。フォードが特許申請した「Autonomous Police Vehicle」(自動運転パトカー)は、監視カメラと連携して違反車両を追跡し、警告を出したりその場で違反切符を切ったりするとのこと。違反逃れをほぼ不可能にします。

続きを読む...

テスラ・モデルSのオートパイロットはなぜ停車中の消防車を避けきれなかったのか?

自動走行機能「オートパイロット」で走行中だったテスラ・モデルSが、停車中の消防車を避けきれずに真後ろから追突するという事故が起こりました。「自動運転カーは停まっている車両を認識できないのか!?」という大きな疑問を巻き起こすことになったこの事故ですが、実は自動運転を実現するセンサーには思わぬ死角が存在することが明らかになっています。

続きを読む...

自動運転カーに不可欠のLIDARシステムを1チップ化しコストの99%を削減できるStrobeをGMが買収

自動車メーカーのゼネラルモーターズ(GM)が、自動運転カーに不可欠のLIDARシステムを開発するStrobeを買収すると発表しました。Strobe買収によって、自動運転カーの開発競争でGMが大きなアドバンテージを得ることになりそうです。

続きを読む...