「ソフトウェア, サイエンス,」カテゴリーアーカイブ

AIで分析していれば手術を受けた患者の半分は不要な手術を回避できたという事例

AIによりがんや悪性腫瘍を発見する技術は近年目覚ましく進歩しており、乳がんや肺がん、脳腫瘍ではすでに熟練の医師よりも高い精度で発見できることが示唆されています。そんな中、すい臓に発生する腫瘍に焦点を当てた研究により、AIで分析していれば手術を受けた患者の60%が不要な手術を回避できたかもしれないという事例が報告されました。

続きを読む...

AIで分析していれば手術を受けた患者の半分は不要な手術を回避できたという事例

AIによりがんや悪性腫瘍を発見する技術は近年目覚ましく進歩しており、乳がんや肺がん、脳腫瘍ではすでに熟練の医師よりも高い精度で発見できることが示唆されています。そんな中、すい臓に発生する腫瘍に焦点を当てた研究により、AIで分析していれば手術を受けた患者の60%が不要な手術を回避できたかもしれないという事例が報告されました。

続きを読む...

科学に貢献するオープンソースソフトウェア開発者たちの知られざる苦労

2019年4月にはブラックホールの姿が公開されて話題となりましたが、この科学史に残る快挙はオープンソースで作成されたPythonのグラフ描写ライブラリMatplotlibを使って成し遂げられました。このように、いまやPCを用いた科学研究には欠かせないオープンソースソフトウェアですが、その開発者が突き当たる問題の数々と、その解決方法をサイエンスライターのAnna Nowogrodzki氏がまとめています。

続きを読む...

自然な文章を自動生成するAIを悪用したフェイクニュースを高精度で見破る「Grover」が登場

人工知能(AI)を用いて人間のように自然な文章を自動で作成できるテキストジェネレーターを、AI研究組織のOpenAIが開発しました。このようなAIを用いたテキストジェネレーターが流行することとなれば、誰もが手軽にフェイクニュースを作成できるようになってしまうということで、アレン人工知能研究所が「ニューラルネットワークを用いて生成されたフェイクニュース」を確実に検出するための試みに取り組んでいます。

続きを読む...

将来的に統合失調症になるかどうかが93%の正確性で自動分析可能に

統合失調症はいまだ治療法が確立していない疾患であり、原因の究明や予防策の開発も急がれています。そんな中、ハーバード大学とエモリー大学の研究者が統合失調症や他の精神障害の前段階にある患者の発言を自動分析し、将来的に病気になる危険性を93%の正確性で予測する機械学習ツールを開発しました。

続きを読む...

AIの先祖である「書類選考用アルゴリズム」もまた人種・女性差別的だったという事実

人工知能(AI)はさまざまな産業での活躍が見込まれており、次世代を担うテクノロジーといえます。しかし、AIはあくまで「人間から学習する」ものであるため、人間が持っている「偏見や差別意識」を受け継ぐ可能性が指摘されていました。

続きを読む...

NVIDIAが深層学習でX線写真の分析をサポートする医療用AIキット「Clara」を開発

半導体メーカーのNVIDIAは最先端のGPUを開発しているという利点を生かし、AIやディープラーニングの分野にも積極的に進出しています。そんなNVIDIAは医療用AIの開発も行っており、画像診断等を行う放射線科医をサポートする医療用AIを含むツールキット「Clara」を開発しています。

続きを読む...

脳の信号を読み取り「耳で聞いて理解可能な会話音声」に変換するシステムが誕生

コロンビア大学でニューロエンジニアリングについて研究するニマ・メスガラニ准教授が、脳の信号を「耳で聞いて理解可能な会話音声」に変換するシステムを作成しました。このシステムを用いれば口に出さなくても脳の信号を読み取るだけで、何を考え話そうとしているかが理解できるようになります。

続きを読む...

機械学習によって解決できるかどうかが証明不可能な学習モデルが発見される

機械学習の発達にはめざましいものがあり、画像の中から特定のオブジェクトを認識したり人間の声を正しく認識したりと、機械学習を用いた多くのAIが登場しています。しかしそんな機械学習にも「解決できるのかどうかの『証明』ができない問題」が存在すると、コンピューターサイエンスの研究者が指摘しています。

続きを読む...

人工知能企業のDeepMindがタンパク質の立体構造を予測する「AlphaFold」を開発

Googleの兄弟企業であり人工知能を研究するDeepMindが、遺伝子配列情報からタンパク質の立体構造を予測する技術「AlphaFold」を開発しました。正確なタンパク質の立体構造を理解することは、アルツハイマー病、パーキンソン病の新薬開発にも大きな発展をもたらすとみられています。

続きを読む...

「AI」と「機械学習」は何がどのように違うのか?をわかりやすく解説するとこうなる

「AI」と「機械学習」の2つは並列して使用されることが多いものですが、両者はまったく異なるものを指します。AIと機械学習はどのように違うのか、そしてしばしば両者が同時に使われるのはなぜなのかを、ソフトウェアエンジニアのBen Dickson氏が解説います。

続きを読む...

地球温暖化はビットコインマイニングだけで2033年までに限界を迎える

近年の国連による気候変動に関する報告書によると、気温が現在よりも1.5度以上上昇することになると、壊滅的な気候変動が起こると示唆されています。そして、この「1.5度以上の気温の上昇」は、仮想通貨Bitcoin(ビットコイン)のマイニングだけでも20年以内に起こる可能性があるとされています。

続きを読む...

AIを用いて地震後に起きる余震を正確に予測する研究

2018年6月18日に発生した大阪府北部地震では震度6弱の揺れが観測されましたが、本震以降に観測された震度1以上の余震はなんと56回で、最大余震は最大震度4のものでした。このように大きな地震が発生した後に何度も起きる余震を、AIを用いて予測するという研究がGoogleによって行われています。

続きを読む...

IBMの人工知能「Watson(ワトソン)」による医療診断システムは「実用に耐えうるものではない」という主張

IBMが開発した人工知能システム「Watson(ワトソン)」は、2011年にアメリカで行われたクイズ大会「Jeopardy!」に出場し、人間の参加者よりも多くの賞金を獲得して世界的な注目を浴びました。そんなワトソンを利用した医療診断システムをIBMは開発しており、これまでに多額の投資を行ってきましたが、「ワトソンの診断システムは実用的なレベルにはほど遠い」という主張が専門家らによってなされています。

続きを読む...

IBMの人工知能「Watson(ワトソン)」による医療診断システムは「実用に耐えうるものではない」という主張

IBMが開発した人工知能システム「Watson(ワトソン)」は、2011年にアメリカで行われたクイズ大会「Jeopardy!」に出場し、人間の参加者よりも多くの賞金を獲得して世界的な注目を浴びました。そんなワトソンを利用した医療診断システムをIBMは開発しており、これまでに多額の投資を行ってきましたが、「ワトソンの診断システムは実用的なレベルにはほど遠い」という主張が専門家らによってなされています。

続きを読む...

DeepMindのAIは人間の医師と同等の精度で目の病気を診断できる

2014年にGoogleが買収したAI開発のスタートアップ「DeepMind」は、プロ棋士をも打ち破る囲碁AI「AlghaGo」を開発したほか、ガンの治療に利用可能なAIを開発するなどさまざまな分野にAI技術を導入しています。そんなDeepMindは「人間の医師と同等の診断能力を持つ眼疾患診断AI」を開発し、数年以内に病院へ導入可能だとしています。

続きを読む...

機械学習を用いて「遺伝子編集されたDNAがどの研究室で生み出されたか」を特定できるかもしれない

by Caroline Davis2010機械学習は非常にさまざまな分野に応用できることがわかっており、「ジャニーズ系の顔かどうかを判別する」ことや「匿名のソースコードから個人を識別する」といったことまで可能になっています。そんな機械学習を用いることで、「遺伝子編集されたDNAがどこの研究室で遺伝子編集されたのかを、突き止めることができるかもしれない」という研究結果が発表されています。

続きを読む...

目の動きから「性格を読み取る」AIが開発される

視線の動きから相手の考えていることや感情を読むことができると言われています。南オーストラリア大学で神経心理学を研究しているトビアス・レッチェル氏らの研究チームは、目の動きをAIに分析させることで、相手の性格を判別することを可能にしています。

続きを読む...

AIがベテラン医師よりも高精度に脳スキャン画像から脳腫瘍を診断することに成功

近年のAI技術の発達には目を見張るものがあり、「人間はAIに仕事を奪われてしまうのではないか?」という危機感を持つ人も少なくありません。そんな中、「中国で行われた病気の画像診断コンテストで、AIがベテランの医師たちよりも高い精度で正しく病気を診断した」ということが話題になっています。

続きを読む...

自分の臓器のモデルを簡単に3Dプリンターで出力できるようになるかもしれない

医師は患者の症状を検査するためにMRIやCTのスキャン画像などの2次元データを用います。しかし、3次元データである立体モデルを出力できれば、医師が症状を判断する助けになるだけでなく、患者自身が自分の体の状態を正確に理解するのにも大きく役立ちます。MITとハーバード大学の研究者らが、MRIやCTのスキャンデータから素早く3Dモデルを作り出せるようになる新しい手法を開発しています。

続きを読む...

脳の持つナビゲーションシステムを人工ニューラルネットワークが再現

動物の脳には、格子細胞と呼ばれる方向感覚や相対的な位置関係を認識する神経細胞が備わっています。格子細胞の働きによって、人間は直感的にある地点からある地点へのショートカットを行ったり、何となく歩いている付近の地図を脳内で描くことができたりするとのこと。そんな格子細胞の働きを、人工のニューラルネットワークを用いて再現することにAI研究者たちが成功しました。

続きを読む...

Googleのオープンソース機械学習システム「TensorFlow」はどのように活用されているのか?

Googleが製品開発で活用し、商用利用OKでオープンソース化もされている機械学習システム「TensorFlow」は、世界中の誰でも手軽に使うことができる機械学習システムとして、専門の研究者だけでなく一般の高校生までもが使用しています。その事例を、Googleがブログで紹介しています。

続きを読む...

金属ガラスの発見を「機械学習」で200倍高速化することに成功

機械学習の技術は人工知能(AI)開発や画像認識技術など、さまざまな分野に広く活用されています。そんな中、科学の世界で機械学習を利用して、これまでにない発見を目指す試みが行われており、アメリカの研究者は金属ガラスの合成パターンを従来の100倍以上の速さで見つけることに成功しています。

続きを読む...

カオス理論で知られる複雑な状況を「機械学習」によって正確に予測する技術が開発されている

気象などの自然現象を完璧に予想することは不可能であることがカオス理論によって知られており、中でも「蝶が羽ばたいたというわずかな影響によって状態が大きく変わり得る」というバタフライ効果なども有名です。しかし、そのカオスと呼ばれる複雑な世界を「機械学習」で正確に予測する研究が進められ、際立った予測精度を実現しています。

続きを読む...

人工知能で電子顕微鏡の映像からリアルタイムでガンを検出する技術をGoogleが開発

患者の体がガンに冒されているのかどうかを診断する病理医は、患者から採取した体組織を電子顕微鏡でじっくりと観察し、ガン組織が存在するのかどうかを判定します。この作業には電子顕微鏡で見えるガンのパターンを熟知し、効率的に点検していく熟練の技術が必要ですが、Googleは人工知能にディープラーニングでガンのパターンを学習させ、リアルタイムでガン組織と思われる箇所を検出する技術を開発しました。

続きを読む...