「サイエンス, 映画,」カテゴリーアーカイブ

「スパイダーマン」や「アントマン」がクモやアリへの恐怖症が緩和してくれるという驚きの研究結果

クモやとがったもの、ピエロなど、特定のある1つのものに対して異常に恐怖を覚える心理症状を「恐怖症」といい、世界保健機関(WHO)が公表する「疾病及び関連保健問題の国際統計分類(ICD)」では不安障害の1つとされています。そんな恐怖症を治療するための方法として、クモをモチーフにしたヒーローの「スパイダーマン」や、アリをモチーフにしたヒーロー「アントマン」の映画を見ることが挙げられており、なんとクモやアリへの恐怖心が20%減少したという驚きの実験結果も報告されています。

続きを読む...

観客が分泌する化学物質を測定することで映画のレーティングが可能になるかもしれない

映画の鑑賞には、年齢による鑑賞制限(レーティング)が設けられていることがあります。レーティングは映画の内容に応じて各国の審査団体によって行われますが、その判断に対しては主観的になりがちだという指摘も存在します。ドイツのマックス・プランク化学研究所が、映画を見ている人から放出される化学物質を分析することで、客観的なレーティングを行おうとする研究に取り組んでいます。

続きを読む...

大ヒット映画に共通するストーリーの流れとは?

「大ヒットする映画にはある程度決まった流れがある」ということをイギリスの科学者チームが発見したとThe Guardianが報じています。このストーリーラインは、必ずしも「最も好かれるストーリー」になるわけではないものの、話題になる傾向にあり、商業的には最大の成功を収めるとのことです。

続きを読む...

アーノルド・シュワルツェネッガーが地球温暖化を理由に石油会社を訴える予定だと明かす

映画「ターミネーター」「コマンドー」など数々の映画で主演を務め、カリフォルニア州の元知事でもあるアーノルド・シュワルツェネッガー氏が、「石油会社は地球温暖化を引き起こして世界中の人を故意に殺そうとしている」という理由から石油会社を訴えるための準備を行っていると明らかにしました。

続きを読む...

スター・ウォーズの世界を現代物理で解明できるのか?

映画「スター・ウォーズ」でジェダイやシスの暗黒卿が使うエネルギー「フォース」は、敵を攻撃したり敵からの攻撃を回避したりするのに用いられ、スター・ウォーズのバトルに欠かせないアイコンになっています。フォースに限らず、さまざまな力や現象がスター・ウォーズの世界では見られますが、ウィニペグ大学のクリストファー・ウィーブ教授は「Star Wars Physics: Could the 'Force' Actually Exist?」という題名のエッセイで、「フォースとは何なのか?」を物理学的な視点から解明しようと、いろいろな考察を行っています。

続きを読む...