「サイエンス, アート,」カテゴリーアーカイブ

「美しさ」に強く感動すると外部刺激に反応しないはずの脳領域「デフォルトモードネットワーク」が活性化する

人は絵画などの芸術作品や雄大な自然などを見て「美しい」と感じることがありますが、誰もが同じものを見て美しいと感じるわけではなく、美しさの基準は主観的です。神経科学者らの研究チームは人の脳を核磁気共鳴画像法(MRI)を利用して観察し、美しさを感じている人の脳内では、自己認識や記憶に関わる「デフォルトモードネットワーク」と呼ばれる活動が活発になっていることを発見しました。

続きを読む...

突然クリエイティビティを大爆発させるパーキンソン病患者がいるのはなぜなのか?

手が震えたり歩行がうまくいかなくなったりといった症状で知られるパーキンソン病患者のクリエイティビティが突如として爆発し、これまで芸術に縁が無かった人がアーティストとして花開くといった事例が多々報告されています。近年は「なぜパーキンソン病患者はクリエイティビティを爆発させるのか?」という研究が進められており、その謎が徐々に解き明かされてきています。

続きを読む...

科学写真コンテストで最優秀賞に選ばれた作品は「磁場に閉じ込められた1個の原子」の写真

イギリスの工学・物理科学研究評議会(Engineering and Physical Sciences Research Council:EPSRC)が主催する科学写真コンテストの「Equipment & Facilities」部門で1位に輝いたのは、なんと目に見えないはずの原子を目に見える形で写真に収めた「Single Atom in an Ion Trap」(イオントラップに捉えられた1つの原子)という作品でした。

続きを読む...