「コンテナ技術」カテゴリーアーカイブ

「Docker Desktop 2.2」がリリース、WSL 2が利用可能なプレビュー版も:CodeZine(コードジン)

「Docker Desktop 2.2」がリリース、WSL 2が利用可能なプレビュー版も:CodeZine(コードジン)

「Docker Desktop 2.2」がリリース、WSL 2が利用可能なプレビュー版も:CodeZine(コードジン)

米Dockerは、Docker Desktopの最新版となる「Docker Desktop 2.2」を、1月21日(現地時間)にリリースした。 「Docker Desktop 2.2」では、これまでSambaに依存していたDocker上で動作するLinuxファイルシステムとWindowsファイルシステムの相互管理をgRPC FUSEに置き換えている。 gRPC FUSEへの置き換えによって、キャ...

はてなブックマーク - 「Docker Desktop 2.2」がリリース、WSL 2が利用可能なプレビュー版も:CodeZine(コードジン) はてなブックマークに追加

Dockerコンテナ時代の第二章~Kubernetesの成熟とエコシステム発展の時代 - Publickey

Dockerコンテナ時代の第二章~Kubernetesの成熟とエコシステム発展の時代 - Publickey

Dockerコンテナ時代の第二章~Kubernetesの成熟とエコシステム発展の時代 - Publickey

Dockerの登場により急速に普及をはじめたコンテナ型仮想化の技術は現在、DockerコンテナそのものからKubernetesを軸としたオーケストレーションツールへと主役が移ってきています。 その様子は2017年12月に公開した記事「Dockerコンテナ時代の第一章の終わり、そして第二章の展望など」で紹介しました。 この記事の公開...

はてなブックマーク - Dockerコンテナ時代の第二章~Kubernetesの成熟とエコシステム発展の時代 - Publickey はてなブックマークに追加