「オクトパストラベラー」カテゴリーアーカイブ

『オクトパストラベラー 大陸の覇者』の新曲が公開! イントロだけでもう、滾る!!

スクウェア・エニックスの新作RPG『オクトパストラベラー 大陸の覇者』の事前登録が20万を突破し、西木康智氏による新曲が公開されました。

“富”を極めし者「ヘルミニア」のテーマ曲を公開


事前登録20万突破特典として、Nintendo Switch版『オクトパストラベラー』に引き続き楽曲を担当する、西木康智氏による新曲を公開。

この新曲は、『オクトパストラベラー 大陸の覇者』の舞台となるオルステラ大陸に君臨する、“富・権力・名声”を極めし者たちの中の一人、“富”を極めし者「ヘルミニア」のバトルテーマ曲です。

西木康智の制作コメントと合わせてお楽しみください。

<西木康智氏の制作コメント>
富を極めし者「ヘルミニア」のテーマ曲は、彼女の持つその圧倒的な威圧感と、しかしそこはかとなく裏に見え隠れする憂いの両面を表現出来るように意識しました。

今までの『オクトパストラベラー』のバトル曲は特定のキャラクターを表現するものはあまり無かったのですが、今回は登場するヴィランそれぞれに専用のテーマ曲とバトル曲を用意しています。

特にバトル曲は前作とはまた違ったアプローチになっていますので、引き続き楽しみにして頂ければと思います。

次は事前登録30万人突破を目指せ!

事前登録30万人突破特典は、Nintendo Switch版『オクトパストラベラー』のオリジナル・サウンドトラック『OCTOPATH TRAVELER Original Soundtrack』。

作曲者の西木康智氏のサイン入りということで、かなり貴重な一品となっています。

ティザーサイトにて事前登録受付中なので、まだという方はぜひ登録してください!



© 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6

スマホ版もやっぱり神ゲー。『オクトパストラベラー』先行体験版レビュー

事前に応募したプレイヤーを対象に、4月2日までの期間限定で先行体験版が配信中の新作RPG『オクトパストラベラー 大陸の覇者』。自分がプレイして「神ゲー!」だと心に響いた瞬間を紹介します!

神ゲーだと感じた3つのポイントを語らせてください!

どうも、『大陸の覇者』というタイトルを初めて見た時、「覇者」つながりでゲームボーイの『時空の覇者 Sa・Ga3 [完結編]』を思い出したおっさんゲーマーのそめやんです。


さておき、Nintendo Switch版は神ゲーと断言しただけに、スマホ版『オクトパストラベラー 大陸の覇者』の出来はすごく気になっていました。

▼動画「『オクトパストラベラー 大陸の覇者』 1st Trailer」がこちら。スイッチ版を楽しんだ方なら、きっとわくわくできるはず!

ありがたいことに、ちょっとだけ先行プレイをさせていただいた時点で大ハマリ! すでに記事にしたように、その段階で「ソシャゲじゃなくて1人でじっくり遊べるシングルプレイRPGだった!」と大満足でしたが、先行体験版の配信後、もうちょっと腰をすえてプレイを進めてみたところ、やっぱり「神ゲー」と感じる体験を何度も味わえました。

基本的なプレイフィールは先行レポートで記事にしていますので、ここではまた違った視点で「神ゲーだと感じた名場面」について語っていこうと思います!

神ゲーポイント第3位:3つのメインストーリーが楽しくて、やめどきを失う!

ゲームシステム的な魅力は先行レポートに書きましたが、腰をすえて遊び始めると、そのストーリーの楽しさにぐいぐい引き込まれてしまいました。

▼『大陸の覇者』の主人公というか、ゲーム開始時の初期プレイヤーとなる「盗賊クレス」。


スマホ版の主人公は一応存在しますが、「そのキャラが主人公の物語」というよりは、「そのキャラを中心とした旅団(パーティ)が世界各地で冒険をする」という感覚で、主人公として目立つ感じではありませんでした。
(自分がプレイした範囲では、メインストーリー中に主人公がしゃべることはなかったかと)

▼物語中に選択肢が登場することはありますが、主人公キャラがペラペラとセリフを話すわけではありません。


本作ではオルステラを産んだ神の力が宿る「指輪」に選ばれた主人公が、「富」「権力」「名声」をめぐって冒険することになります。

ゲーム開始時に3つのストーリーから1つを選ぶことになりますが、どれを選んでも、残る2つの物語も問題なく楽しめます
(このあたりはスイッチ版と感覚が近いですね。スイッチ版も、1回のプレイで8人の主人公すべての物語を楽しむことができたので)



▼「富」のストーリーで立ちはだかるのは強欲の魔女ヘルニア。マフィアたちとともに、彼女の悪事に立ち向かうことに。若きマフィアたちが意外といい味を出しています!



▼「権力」のストーリーでは、英雄タイタスと対峙することに。人を人でない物にする緋晶薬をめぐる、ちょっと悲しくて、胸糞が悪くなる話が……。



▼劇作家アーギュストを主軸とした「名声」のストーリーは、芝居がかったコミカルな演出もありつつ、狂気に満ちたサスペンス系の物語が展開。アーギュストのサイコパスな雰囲気が漂うストーリーです……。



どのストーリーもクセが強い悪役キャラが主人公の前に立ちはだかります。……スイッチ版同様、けっこうドロドロした表現も見受けられました。ホント、スイッチ版の続編と言われてもおかしくないレベル。


ストーリーを進める際は、実際に自分でキャラを動かして町やダンジョンを探索することになり、要所要所でストーリーイベントが挿入されるわけですが……このへんはもう、完全に家庭用ゲームのプレイ感覚!

セリフのスキップや早送りもなく、ちゃんとセリフを読みながらゲームを進めていくというこの感覚……言うまでもなく、かつて家庭用RPGで遊んできたゲーム体験であり、自然とストーリーが頭に入ってくるわけです。

しかも、スイッチ版同様、どのストーリーもいいところで「次の話に続く」となるわけで……!

今回はあくまで先行体験版ということで、自制心をもって1日数時間ペースくらいでプレイしましたが、正式サービスが始まった際には先が気になりすぎて、ガチで徹夜プレイをせざるをえなくなるかもしれません(苦笑)。

神ゲーポイント第2位:8人パーティでのローテーションバトルの楽しさ

先行レポートでは8人パーティを体験できませんでしたが、これは大失敗でした。ごめんなさい!

パーティメンバーが増えると、スイッチ版とはまた違う戦略が生まれてきて、むしろスマホ版ならではの大きな注目ポイントとなっていました。


そもそも自分は大きな勘違いをしていて、前衛パーティ(4人)と後衛パーティ(4人)を一括で切り替えると思っていたんですよね。

そうじゃなくて、配置場所ごとに前衛と後衛を「いつでも」「個別に」入れ替えることができるんです!
(「いつでも」は厳密にはターン開始時にコマンド選択をする時になりますけど)


なので、仮に6人しかいない場合、

・前衛A(盗賊[短剣])
・前衛B(剣士[剣])
・前衛C(神官[杖])⇔後衛C(神官[杖])
・前衛D(商人[槍])⇔後衛D(剣士[剣])

なんて風に配置するのもアリ。実際自分は回復系の神官が戦闘不能になっても次の神官がフォローに入れるよう、同じ場所に2人の神官を配置することが多かったです。

前衛と後衛を同じ役割にすることで安定を取るのもいいですが、むしろ「前衛(剣を使える剣士)⇔後衛(槍を使える商人)」と、別の職業を配置することで戦略を幅を広げるのもアリですよね。

さらにいうと、槍が弱点のボス敵と戦う時なら、あえて「8人とも商人(槍)」という極端なシフトを組むことも有効なわけで……実際に遊ぶ前に思っていたよりもずっと「8人パーティならではの戦略性」が高かったわけです。これは考えるのがおもしろい!

くわえて重要となるのが、後衛にいるキャラクターは毎ターンHPとSPが少しずつ回復するところ。

さらにBP(ブーストポイント)は毎ターン前衛後衛問わずに増えていくところもポイント。


前衛がフルブースト(BPをすべて使う)して敵をブレイクした次のターン、BPを温存していた後衛がフルブーストして大ダメージを狙う! なんて戦略も狙えるわけです。

ボス敵が強力な攻撃を行う予備動作を行ったら、BPを温存していた後衛がブーストをしてブレイク=敵の攻撃をキャンセルすることなんかも基本戦法となりますね。
(特にスマホ版はスイッチ版と違って「防御」コマンドがないので、強力な攻撃をブレイクでキャンセルすることが非常に重要になります。BPを温存しておくことが大事!)


ダメージを受けたキャラを後衛に下げる、BPがたまったキャラに前衛でブーストさせるなど、こまめにローテーションさせながら効率よく立ち回るのがめっちゃ楽しいです!

ちなみに前衛と後衛の交代は瞬時に行われるわけではありません。交代する相手の行動順番がまわってきた時に交代となるので、運が悪いと交代前に前衛が攻撃を受けて戦闘不能になってしまうことも……

このへんまで含めてローテーションを考えて立ち回れるようになると、一段とバトルが楽しくなりますよ!

▼フィールドやダンジョンで姿が見えている強敵と戦う際は、特に8人パーティの編成やローテーションが重要。きちんとブレイクしていけば、格上の相手も十分倒せますよ!


神ゲーポイント第1位:町にいる女の子に宝物を「ねだる」背徳感というか自由度の高さ

スイッチ版『オクトパストラベラー』を神ゲーだと感じたポイントの1つが、町にいる人々にさまざまなアクションをできるフィールドアクションの存在でした。

人々を仲間にしたり、戦ったり、アイテムを盗めたり……。この自由度の高さがプレイヤーの想像を刺激して、よりオルステラという世界観にひたれたんですよね。

正直なところ、こればかりはスマホゲームで再現するのは難しいんじゃないかと思っていたのですが……ちゃんとスマホ版にもフィールドアクションが用意されていました! うれしい!

▼スマホ版のフィールドコマンドは、町の人々の属性(富・権力・名声)に応じて変化。「買取る・勝ち取る・ねだる」でアイテムを入手でき、「雇う・引き入れる・勧誘」で支援者にできます。


富・権力・名声それぞれに影響力が設定されており、影響力のランクが足りないとフィールドアクションを実行できません。いろいろな人々の情報を集めたいからこそ、影響力を上げたくなっちゃうことも!

影響力は、属性(富・権力・名声)に応じたクエストをクリアしたり、属性に応じたキャラを仲間にしたりすることで高まっていきます。


▼支援者にした人は、バトルで呼び出して一緒に戦うことができます。


スイッチ版では一見すると弱そうな老人や女性が実は実力者だったことも。何より、「かつては伝説級の暗殺者だった」とか、意外な過去が隠されているキャラに出会えた時がうれしいんですよね(笑)。

▼女性の支援者ばかりを集めるとか、渋そうなおっさんの支援者ばかりを集めるとか、テーマに沿った支援者部隊を組むのも楽しそうですな。




そして、これはスイッチ版から続く僕なりの遊び方なのですが、キャラの設定を踏まえて妄想を膨らませるのが楽しい!

▼例えば、この「母の帰りを待つ少女」。プロフィールを読むと、「古い毛皮のローブには、母の匂いが染みついている」とのことで、とても大切にしているようですね。


▼そんな宝物の「毛皮のローブ」を「ねだる」!



▼残念ながら今回は失敗……。でも、いつかは絶対に「ねだる」でもらい受けるぜ!


▼かわりに「さびしい財布」をねだることに。


▼成功! 「大事にしてね」という言葉になんとも言えない背徳感を感じますが、これもまた自由度の高さですよね。


プロフィールと所持品をあわせて考えると、いろいろと妄想がはかどるんですよね、『オクトパストラベラー』って(笑)。そんな楽しみをスマホ版でも味わえるなんて……!

個人的には、このフィールドアクションを楽しめるだけでもスマホ版『オクトパストラベラー』は神ゲーです!

おまけ:ガチャ(導き)で仲間を増やせるところはスマホゲーム感覚

というわけで、先行体験版を遊んだ感じではマルチプレイ要素は皆無で、完全に1人で遊ぶシングルプレイRPGとなっていました。
(てか、スイッチ版と同じすぎて、スマホゲームというよりもコンシューマゲームのプレイフィールとしか言えません)

そんななか、仲間を増やす際は、ルビーを消費する「導き」を行うことになります。課金でキャラを増やせる部分や、どんなキャラが仲間になるのかランダムという点は、いわゆる「スマホゲー」らしいところですね。
(ルビーは課金だけでなく、「バトルで20回以上勝利」といった「功績」を達成することでも獲得できます)


▼メインストーリーを進めるなどして「影響度」のランクを上げると、その報酬としてもルビーを大量にもらえます。受け取り忘れないように!(自分はずっと見落としていました……)


▼仲間を増やす際は「指輪」によって導かれる演出が入ります。


プレイしている感じでは、前衛・後衛の合計8人がいればバトルで不利になることはない印象。




もちろん、『オクトパストラベラー』は敵の弱点を突くのが大事=幅広い武器や属性を使えるメンバーをそろえることが大事なので、仲間が多いにこしたことはありませんけど、むやみにキャラを増やすというより、厳選したキャラを育てるほうが無難な気がしました。
(このへんはスイッチ版でもそうでしたけどね。……総力戦の某ボス敵をのぞいては。苦笑)

▼仲間に加入する際は、「これぞRPGの出会い!」という感じで、彼らが冒険に出る理由が語られます。キャラ固有のイベントも用意されている模様!



▼ステータス画面の左下には「ストーリー(序・1・2・3)」という項目が。正式サービス時には、キャラクター個別のエピソードも楽しめそうな気配!


キャラがかぶった際のメリットがいまいち感じられないところは気になりましたが、このあたりは正式サービス時に調整が入るかもしれませんね。

ちなみに、そのほかに自分が先行体験版を遊んで気になったのは、バトル中に敵味方の行動順番を見られるようになるともっと戦略を立てやすいなあというところ。

アンケートにいろいろと要望や改善してほしいところを書いておくとフィードバックされる可能性があるので、先行体験版を遊んだ方はぜひアンケートで感想や要望を伝えるようにしましょう!

▼余談ですが、先行体験版では経験値稼ぎの心強い味方キャットリンも確認できました。正式サービス時にも出会いたいなあ。


『大陸の覇者』事前登録受付中!

『OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者』ティザーサイト内にて、事前登録が受付中。登録はTwitter、LINE、メールアドレスで行えます。

© 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6

スマホ版『オクトパストラベラー』先行体験版に落選した時は…

3月26日のお昼ごろ、スクエニ新作RPG『OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー) 大陸の覇者』の先行体験版が配信されました! でも、先行プレイの抽選に落選して遊べない……。そんな時はプレイ動画を見てワクワクを感じましょう!

各種システムを確認できるプレイ動画が公開中


『オクトパストラベラー 大陸の覇者』公式Twitterで5つのプレイ動画が公開されています。
(プレイ動画(5)は欠番です)

音楽や効果音もハイクオリティなので、ぜひサウンドをオンにして、イヤホンなどをして動画を見ることをおすすめしますよ!
(足音とか火が燃える音とか、そういう環境音も素敵なんですよね)

特に注目してほしいのがプレイ動画(3)のバトル編! バトル曲のかっこよさもさることながら、ブーストをする際のスムーズな動きにも注目ですよ。

▼一見すると弱そうな「人のよさそうな青年」ですが……(苦笑)。

ちなみに先行プレイの参加者は本来は1,600名予定でしたが、それを大幅に上回る応募があったため、当選枠を2,000名に増やしたとか! 先行プレイに応募した人は、当選メールが来ていないかチェックをお忘れなく!


『大陸の覇者』事前登録受付中!

『OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者』ティザーサイト内にて、事前登録が受付中。登録はTwitter、LINE、メールアドレスで行えます。

『オクトパストラベラー 大陸の覇者』注目記事
スマホ版『オクトパストラベラー』ソシャゲじゃなかった! 先行プレイでわかった5つの理由
スマホ版『オクトパストラベラー』ソシャゲじゃない説

© 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6

スマホ版『オクトパストラベラー』ソシャゲじゃなかった! 先行プレイでわかった5つの理由

3月26日(火)から先行体験版が配信されるスクエニ新作RPG『OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー) 大陸の覇者』。ちょっとだけ先行プレイしてきましたが……このプレイフィール、まさに家庭用ゲーム!

神ゲーはスマホ版も神ゲーの予感!


どうも、Nintendo Switch版は神ゲーと断言して、裏ボス含めて一通りはクリアしたそめやんです。

『オクトパストラベラー』のスマホ版……と聞くとマルチプレイ前提のソシャゲのように感じてしまいますが、発表されている情報を見ると「シングルプレイRPG」であり、ソシャゲではなさそうだと感じたんですよね。

▼動画「『オクトパストラベラー 大陸の覇者』 1st Trailer」がこちら。スマホアプリというか、むしろコンシューマゲームにしか見えないんですが……。

3月26日から先行体験版が配信される(プレイ受付はすでに終了しています)けど、「あとちょっと」が待ちきれない!

というわけで、ちょっとだけ先行体験版のプレイ取材をさせていただきました!

ほんの数十分程度のプレイでしたが、それでも感じた「コンシューマゲームらしさ」というか『オクトパストラベラー』らしさ。その5つのポイントを紹介します!

ポイント1:フィールドや町を自由に歩ける!

遊んだ瞬間、「あ! これ、『オクトパストラベラー』だ!」と直感的に感じたのが音と絵でした。

▼ドット絵+3DCGのHD-2Dの空気感をスマホで感じられるなんて……。音楽や効果音もスイッチ版を踏襲していて、プレイ感覚が完全にスイッチ版!


▼ドット絵なのに指先を開いたり、目を閉じたり、芸が細かすぎ! この演技の細かさも、スイッチ版と同じ感覚ですね。



それも単にグラフィックが同じだけでなく、そこを自由に移動できる! コンシューマゲームだと当たり前ですけど、スマホゲームできちんと「移動&探索」ができるのは、やっぱりポイントが高いです。

▼「自由」と書きましたが、厳密にはレールというかラインに沿って移動する感覚。ただ、不便は感じず、むしろ遊びやすい感じ。


▼フリックするとダッシュし続けてくれる&曲がり角は自動的に曲がってくれます。半自動みたいな感覚で楽チンです。



▼分かれ道には矢印が表示され、進む方向を選ぶ流れ。


ダンジョンやフィールドを自分で探索している気分が味わえるように作られていると言いますか、むしろ、最近のスマホゲームのお約束である「目的地への自動移動」があえて搭載されていないところに開発者のこだわりが感じられます(笑)。
(ただ、次の目的地がどこなのかを表示する機能はあるので、不親切なわけではありませんけどね)

▼一度通った場所はミニマップで自動移動(ワープではありません)できますし、一度行った町にはファストトラベルでワープできます。「一度通った&行った」というところがミソですな。



ちなみに各地方のフィールドの音楽はスイッチ版でおなじみのものとなっており、なんというか、久々にオルステラの世界に戻ってきた感が半端なかったです!

ポイント2:村人などと会話できる&フィールドコマンドも健在

これもまたコンシューマゲームでは当たり前ですが、スマホ版『オクトパストラベラー』は村人などと会話できちゃいます。

▼吹き出しをタップすると会話。多少離れていても、自動的に近づいて会話ができます。


ほとんどのクエストは村人と会話しなくてもクリアできますが、それはそれ。「ここは●●の町です」なんてメッセージを見るだけで、昔ながらのRPG好きとしてはほっこりしてしまうわけですよ!

▼物語進行とは無関係でも、世界観を深く知ることで、より物語に没入しやすくなるというもの。


▼酒場での情報収集とか、普通に楽しいです。倒すべきボス敵の評判なんかが聞けることがあるのも、RPGらしいですね。


そういった情報収集に加えて、『オクトパストラベラー』ならではのフィールドコマンドもしっかりと用意されていました!

スイッチ版では、町の人々にバトルを挑める「試合」「けしかける」や、町の人々を仲間として連れ回せる「導く」「誘惑」など、さまざまなフィールドコマンドが用意されていました。

▼こちらはスイッチ版のフィールドコマンドをまとめたもの。スマホ版でこれらが完全再現されているわけではありませんが、似たテイストのものがちらほら。
octopathtraveler_0702 - 19


スマホ版のフィールドコマンドは、物語のテーマともなる「富」「権力」「名声」にちなんだものが用意されており、人々に話しかけた際に「買取る・勝ち取る・ねだる」でアイテムを入手したり、「雇う・引き入れる・勧誘」で支援者にしたりと、便利なものが用意されています。



▼支援者にした人は、バトルで一定回数呼び出して一緒に戦うことができます。スイッチ版にもあった要素ですね。


スイッチ版でもそうでしたが、こういう要素があるから、新しい町や村に入るたびに時間がかかってしょうがないんですよね。人々との会話や宝箱探しとかしたくなっちゃうので!(うれしい悲鳴)

▼どうでもいい(失礼!)民家にも入れます。宿屋の2階にも上がれます。いわゆるハズレですが、つい入っちゃいますよねー。


▼ちなみに会話同様、近くの宝箱などは直接タッチすれば自動的に移動して開けてくれます。


ポイント3:思ったよりもブーストしやすい! バトルの手触りはスイッチ版と別ベクトルで完成度高し!

バトルについては、ほぼ完璧にスイッチ版のバトルシステムが再現されています。

▼槍や杖といった武器&火や闇といった属性で弱点を突くことで、通常よりも大ダメージ! さらに、相手のシールドポイントを減らせます。


▼相手のシールドポイントがゼロになるとブレイクが発生し、行動不能にできます。これが超大事! さらにブレイク後はより大ダメージを与えられるようになります。


▼毎ターンたまっていくBP(ブーストポイント)を使うことで、通常攻撃の回数を増やしたり、スキルの威力をアップさせたりできます。


このBP&ブレイクが重要となるバトルシステムの楽しさについては、スイッチ版のレビューでも述べた通り。

特にブーストは通常攻撃を増やせるところがポイントで、「剣が弱点でシールドポイントが5」の敵がいた場合、キャラA(剣)がBPを2消費して3回攻撃+キャラA(剣)がBPを1消費して2回攻撃=剣の攻撃を5回ヒットさせてブレイクさせるぜ! みたいなパズル的な計算が楽しいんですよねー。
(そんな時に限って、1回攻撃を避けられちゃってシールドを削りきれずに計算が狂う……なんてこともありがちですけどね。涙)

ブレイクについては、敵の行動前に発生できれば敵のアクションをキャンセルできる&ブレイクした次のターンは相手が行動不能になるので、狙うタイミングが超重要!

スイッチ版同様、スマホ版でもボス敵が強力な攻撃を行う前には前兆があるので、それを見計らってブレイクでキャンセルを狙うのが熱いんですよ!
(スマホ版は「防御」コマンドがないようなので、なおさらブレイクで敵の行動を阻止することが大事になる予感)

……余談ですが、自分的に一番気になっているのは、スマホ版は敵味方の行動順序が表示されないこと

スイッチ版を遊んだ人ならご存知のように、「敵の行動順番が遅いから、このキャラでブレイクしてからバフをかけて次ターンの攻撃に備えよう」とか「敵の行動順番が早いから、このターンではブレイクを狙わずに次ターンに持ちこそう」とか「敵の攻撃を受けてからHP回復しよう」とか、行動順番を踏まえて戦うことが大事なゲームなので、できれば行動順番も確認できるようになるといいなぁと。

と、話が脇道にそれてしまいましたが、それくらいスイッチ版と同じ感覚でスマホ版のバトルも楽しめます。

正直、スマホのインターフェースでブーストの「シュバババ!」感(※)は味わえないだろうと覚悟していましたが、意外なことにスライド操作もけっこう気持ちいい!
※スイッチ版はRボタンでBPの消費量を決めるので、Rボタンを連打する「シュバババ!感」も楽しかったのです。

▼右にスライドする長さでBP消費量を決められます。なんというか、「グググッ!」とゲージを伸ばすような感覚でフルブーストできるので、なかなか心地よいです。


▼残念ながらオートバトルはありませんでしたが、「コマンド記憶」など便利なオプション設定があるので、そんなに気になりません。まあ、そもそもスイッチ版が「油断するとザコ戦で死ぬゲーム」で、手動操作が基本のゲームでしたからね。


▼「倍速」でさくさく遊べますし、格下の敵相手には「フルブースト」がけっこう便利。全BPを消費してコマンドを実行してくれます。


弱点が「?」の敵に出会ったら、まずはいろいろな武器&属性で攻撃をして弱点を探って……敵のシールドポイントを計算してブレイクを狙って……ああ! この感覚、本当になつかしい!

▼ちなみにHPやSPがバトル後に自動回復しないところもスイッチ版と同じ、レベルアップすると完全回復するので、ボス戦前にレベルアップできるように経験値調整をするのも地味に楽しいっす!


▼スマホ版では、ボス戦前に「一度だけ完全回復」できる回復ポイントが存在(宿屋に泊まると再使用が可能)。実際に遊ぶ際には、ここを拠点に経験値稼ぎをする自分の姿が見えるようです(笑)。


なお、今回はあまり時間が足りず8人パーティにはできませんでしたが、強敵と戦う際には前衛と後衛の切り替えも大事になる模様。

▼8人パーティは圧感! 8人全員が行動するわけではなく、前衛4人がバトルで戦うことになるようです。


前衛は物理攻撃系で後衛は魔法攻撃系とか、前衛も後衛もボスの弱点を踏まえた特化型シフトとか、いろいろと考え方がありそうです。

▼基本的には移動していると敵に出会う形のエンカウントですが、姿が見える強敵も存在。近づくと振動機能で震えて、その脅威を伝えてくれます!


ポイント4:ストーリー演出がガチ。紙芝居じゃなくて、コンシューマRPG的に展開(スキップもなし)

スイッチ版では8人の主人公それぞれの物語が用意されていましたが、スマホ版では3つのメインストーリーが用意されています。

▼メインストーリーは「富」「権力」「名声」の3つが存在。どれを最初に選んでも、少しゲームを進めればほかのストーリーもプレイできるようになります。このへんもスイッチ版に近いプレイ感覚ですね。




自分で移動しながら、町で人々と会話をしながら物語を進めていく感覚は、普通にスイッチ版と同じ。てか、これスイッチで発売してもよかったんじゃ……と、元も子もない感想を持ってしまうほど、プレイフィールが普通にスイッチ版『オクトパストラベラー』なんですよね。

シナリオについてはそれもそのはず。スイッチ版でもシナリオを担当していた普津澤画乃新さんがスマホ版でも引き続き担当しているんですよね。道理でシナリオの感触が似ているわけだ(似ているも何も本人)。

コンシューマゲームのスマホ版だと会話パートがアドベンチャーゲームのような演出になりがちですが、本作はシナリオの見せ方もスイッチ版と同じでドットキャラが会話する形なので、まったく違和感がありません。

▼何も知らずにこの画面を「スイッチで続編が出るんだぜ」と見せられたら、少なくとも僕は信じちゃうと思います(笑)。


ポイント5:キャラの育成が楽しそう!

スイッチ版『オクトパストラベラー』といえばジョブやアビリティによるカスタマイズの自由度の高さが魅力でしたが、スマホ版では「アビリティ」習得について確認ができました。

▼レベルアップの際に得られるJP(ジョブポイント)を消費して、ボード状に配置されたアビリティを習得していく流れ。


▼雷属性の「雷撃」のようなバトル用のアビリティのほか、戦闘開始時に物理攻撃力をアップする「物攻アップ付与(小)」のような特殊アビリティも用意されています。



スイッチ版だと、まずはいろいろな属性攻撃を優先するとか、敵を殲滅するために全体攻撃系を優先するとか、人それぞれのプレイスタイルによって習得アビリティに違いが出たりしたものです。

「経験値のナッツ」のような経験値付与アイテムも見受けられましたが、普通にフィールドをうろうろしてザコ敵と戦って経験値稼ぎをするのが基本となる模様。

てか、こういうレベリングで強くなっていくのって、RPGの根本的な楽しさの1つですよね!

『大陸の覇者』事前登録受付中!

『OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者』ティザーサイト内にて、事前登録が受付中。登録はTwitter、LINE、メールアドレスで行えます。

© 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6

スイッチ本体&ゲームソフトをプレゼント。スマホ版『オクトパストラベラー』事前登録10万人突破!

スクウェア・エニックスの『OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー) 大陸の覇者』の事前登録が10万人を突破! Nintendo Switchとゲームソフトがセットで当たりますよ!

『オクトパストラベラー 大陸の覇者』事前登録10万人突破!


3月8日から始まった『オクトパストラベラー 大陸の覇者』の事前登録が10万人を突破したことを記念して、Nintendo Switchと『OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)』ゲームソフトがセットでプレゼントされます。


20万人突破時には、『オクトパストラベラー』に引き続き、本作でも楽曲を担当する西木康智さんの新曲が公開されます。


Nintendo Switch&『OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)』ゲームソフトのプレゼント応募は、公式Twitterアカウントをフォローし、対象ツイートをリツイートするだけで応募が完了となります。

▼対象ツイートはこちら。

応募期間は4月4日(木)23:59まで。注意事項などの詳細は、公式サイトでご確認ください。

『大陸の覇者』事前登録受付中!

『OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者』ティザーサイト内にて、事前登録が受付中。登録はTwitter、LINE、メールアドレスで行えます。

© 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6

CBTではなく「先行体験版」という心意気。スマホ版『オクトパストラベラー』プレイ受付は3/17まで

締切迫る! スクウェア・エニックスの新作RPG『OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー) 大陸の覇者』先行体験版の参加プレイヤー募集受付は3月17日まで。

シングルプレイRPGだからこその「先行体験版」なのではなかろうか

マルチプレイ前提のソーシャルゲームではなく、シングルプレイRPGとして登場する『オクトパストラベラー 大陸の覇者』。


その「先行体験版」の参加プレイヤー募集が、3月17日(日)23:59まで受付中です。先着ではなく抽選となるので、まだ間に合いますよ!
(当選発表は3月25日(月)頃に、当選者のみに連絡が行われるとのこと)。

こういったアプリの先行プレイは、たいてい「CBT(クローズドベータテスト)」という言葉が使われますが、今回はなんと「先行体験版」!

まるでコンシューマゲームみたいですよね。

こういう言葉選び1つとっても、ソシャゲではなくシングルプレイ用の本格RPGとして開発しているというう「心意気」を感じてしまうのは、僕だけでしょうか?

細かいゲーム内容は不明ですが、現状発表されている情報を見る限り、スイッチ版と同じ感覚で遊べるシングルRPGとなっているようなので、早く「先行体験版」を遊んでみたいです!

『オクトパストラベラー 大陸の覇者』先行体験版のプレイ枠はiOS/Android合わせて1,600名!

『OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者』は、世界累計出荷・ダウンロード販売本数150 万を突破しているNintendo Switch向けRPG『OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)』の8人の主人公たちが旅したオルステラ大陸の数年前を舞台に、新たなストーリーが展開するフリー・トゥ・プレイのシングルプレイRPGとなっています。

【先行体験版プレイヤー募集概要】
先行体験版配信期間:3月26日(火)13:00~4月2日(火)13:00 予定
詳しい時間は公式Twitterで告知されます。

推奨端末:iOS:10.0以上、iPhone7以降の端末
     Android:6.0以上、メモリ(RAM)2GB以上の端末

※正式サービス開始時の推奨端末とは異なります。

募集期間:3月12日(火)~3月17日(日)23:59まで
募集人数:1,600名(iOS:800名、Android:800名)

期間内に募集人数を超える応募があった場合、抽選で参加者が決定されます。抽選となった場合は、3月25日(月)頃に当選者のみに連絡が行われます。

『OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者』先行体験版プレイヤー募集ページ



© 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

【スマホ版】『OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー) 大陸の覇者』のキービジュアル、ストーリーが明らかに

スクウェア・エニックスは、新作RPG『OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー) 大陸の覇者』のキービジュアル、ストーリーを公開しました。

生島直樹氏による描きおろしのキービジュアル


8人の主人公たちの旅を描いた物語から 遡ること数年――
オルステラ大陸には “富・権力・名声”を極めし者たちが君臨していた。
彼らの欲望が世界にもたらす、底無しの闇。 そして、その闇に抗う人々――
きみは“指輪に選ばれし者”として、 世界を旅し、彼らと出会う。
はたしてきみはこの旅で 何を手にし、何を感じるだろうか?
旅立とう。 きみが求める物語へ――
やがてその物語は 大陸の覇者へと導かれる。

キービジュアルは、『OCTOPATHTRAVELER』でもキャラクターデザインを担当した生島直樹氏による描きおろしのイラストです。

『OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者』の舞台となるオルステラ大陸に君臨する、“富・権力・名声”を極めし者たちが描かれています。

“富” “権力” “名声” を極めし者たちがそれぞれ君臨する世界から物語が始まる

『OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者』では、“富” “権力” “名声” を極めし者たちがそれぞれ君臨する物語から、求める影響力を選び旅をはじめます。

▼“富”


▼“権力”


▼“権力”


先行体験版プレイヤー募集締め切り迫る!

現在募集中の先行体験版プレイヤー募集は3月17日23時59分まで受付中です。

まだご応募されていない方は締め切りにご注意ください!

【先行体験版プレイヤー募集概要】
先行体験版配信期間:3月26日(火)13:00~4月2日(火)13:00 予定
詳しい時間は公式Twitterで告知されます。

推奨端末:iOS:10.0以上、iPhone7以降の端末
     Android:6.0以上、メモリ(RAM)2GB以上の端末

※正式サービス開始時の推奨端末とは異なります。

募集期間:3月12日(火)~3月17日(日)23:59まで
募集人数:1,600名(iOS:800名、Android:800名)

期間内に募集人数を超える応募があった場合、抽選で参加者が決定されます。抽選となった場合は、3月25日(月)頃に当選者のみに連絡が行われます。

『OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者』先行体験版プレイヤー募集ページ

© 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

スマホ版『OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)大陸の覇者』先行体験版の参加プレイヤー募集を開始!

3月12日、スクウェア・エニックスは、新作RPG『OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー) 大陸の覇者』の先行体験版の参加プレイヤーの募集を開始しました。

iOS/Android合わせて1,600名を募集!



『OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者』は、世界累計出荷・ダウンロード販売本数150 万を突破しているNintendo Switch向けRPG『OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)』の8人の主人公たちが旅したオルステラ大陸の数年前を舞台に、新たなストーリーが展開するフリー・トゥ・プレイのシングルプレイRPGとなっています。

【先行体験版プレイヤー募集概要】
先行体験版配信期間:3月26日(火)13:00~4月2日(火)13:00 予定
詳しい時間は公式Twitterで告知されます。

推奨端末:iOS:10.0以上、iPhone7以降の端末
     Android:6.0以上、メモリ(RAM)2GB以上の端末

※正式サービス開始時の推奨端末とは異なります。

募集期間:3月12日(火)~3月17日(日)23:59まで
募集人数:1,600名(iOS:800名、Android:800名)

期間内に募集人数を超える応募があった場合、抽選で参加者が決定されます。抽選となった場合は、3月25日(月)頃に当選者のみに連絡が行われます。

『OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者』先行体験版プレイヤー募集ページ



© 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

スマホ版『オクトパストラベラー』ソシャゲじゃない説

3月12日(火)から先行体験版のプレイヤー募集が行われるスクエニ新作RPG『OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー) 大陸の覇者』。スマホ=ソシャゲかなと思ったけど、PVや資料をよく見ると……!?

神ゲー、「シングルプレイRPG」としてスマホに降臨!


どうも、Nintendo Switch版は神ゲーと断言して、裏ボス含めて一通りはクリアしたそめやんです。

徹夜して遊ぶRPG……楽しかったなあ。

さておき、そんな神ゲー『オクトパストラベラー』新作がスマホで登場! ……って、スマホか……。

個人的に『ブレイブリーデフォルト』なども含めて、スマホ版はスマホ版で独自の楽しさがあるから嫌いじゃないけど、やっぱり『オクトパストラベラー』の楽しさって「1人でじっくり遊ぶこと」だから、スマホのソーシャルゲーム的な要素との相性はどうかなーなんてちょっと頭をよぎっちゃいました。

▼動画「『オクトパストラベラー 大陸の覇者』 1st Trailer」がこちら。おなじみの音楽を聞くだけで、たぎりますなあ。

でも、よく見ると……

『OCTOPATH TRAVELER』の8人の主人公たちが旅したオルステラ大陸の数年前を舞台に、新たなストーリーが展開するフリー・トゥ・プレイのシングルプレイRPGです。

ーーー資料より転載

えっ! 「シングルプレイRPG」なの!? しかも、スイッチ版の数年前の物語!? ……これは期待が高まる!

数年前……たしか剣士のオルベリクのホルンブルグが滅びたのが8年前だったはずだから、スマホ版でのオルベリクの立ち位置とかも気になりますねー。
(コブルストンでバーグさんを名乗り始めた頃とかかなとか、プリムロゼの悲しい事件が起きたのが10年前だからどこかの酒場で会えるのかなとか、想像が膨らみますな!)

▼スイッチ版の8人の主人公とは別の主人公になるのでしょうか?


▼聖火教会など、スイッチ版でおなじみの用語も。


むしろ気になるのは、「フリー・トゥ・プレイ」=基本プレイ料金無料というところ。いっそ買い切りアプリにしてくれたほうがコンシューマゲーム感覚で遊べそうなのですが、どういう部分が課金要素になるのでしょうね。
(普通に予想すると時短系とか、キャラや装備ガチャかなと思いつつ)

▼公式Twitterには「家庭用ゲームで新作をお待ちの皆さんも、すみません、今しばらく制作のお時間をいただきますので、」という気になる言葉も。こちらもワクワクしちゃいますねえ。

スイッチ版のバトルシステムやフィールドコマンドも健在!

さて、そんなスマホ版『オクトパストラベラー』のゲーム内容ですが……

“ドット絵”に、“3DCG”の画面効果を加えた、幻想的なHD-2Dの世界をスマートフォンで実現。最大8人のパーティを編成して戦う、進化したコマンドバトル。町の人々と様々なコミュニケーションが楽しめるフィールドコマンド。
『オクトパストラベラー』の魅力をスマートフォン向けに遊びやすく最適化させたゲームシステムを通じて、富・権力・名声を極めた巨悪に立ち向かう、新たなロールプレイをお楽しみください。

ーーー資料より転載

マジかよ! スイッチ版の神ゲー要素がほとんど再現されてるじゃんかよ!

ドット絵+3DCGのHD-2Dが再現されてて……

▼この思わず「高そう! 落ちたらやばそう!」と感じる空気感が漂うグラフィック、いいですよね。見た感じ、普通にフィールドを歩いて探索をできそうな気配。


弱点を狙ってシールドポイントを削ってブレイクさせる&ブーストで行動回数を増やすコマンドバトルも健在で……

▼しかも前衛後衛を入れ替える8人パーティバトル!? PVではブレイクやブーストのUIも確認できます。個人的には「行動順番」が大事なゲームなので、その表示がないのは気になるところ。


さらにフィールドコマンドもあるんですか! ……やばいな、普通に楽しそう。
(あとはジョブやアビリティのカスタマイズがあれば完璧ですね)

▼「ねだる」に「勧誘」か……楽しそう! 右上に「オクトパス旅団」とありますが、単独の冒険者ではなく、旅団を組んで冒険することになるってこと?


ちなみにめっちゃ気になるのが「富・権力・名声を極めた巨悪に立ち向かう」という一文。やばい、ピカレスクな感じで自分好み(笑)。



スイッチ版でもけっこうオトナでダークな物語が展開する部分がありましたけど、スマホ版でもいい意味でキレイすぎない生々しさを味わえるといいなあ。
(と言いつつ、個人的にスイッチ版は商人トレサのような「きれいな物語」が一番好きだった自分ですけどね)

▼余談ですが、『大陸の覇者』の音楽も西木康智さんが担当。しかも、スイッチ版以上の物量のバトル曲があるとか。あの……スイッチ版のザコバトル曲ですら何パターンもあったというのに(苦笑)。

事前登録受付中……だけじゃなく、3月12日からは先行プレイの参加プレイヤー募集開始!

『OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者』ティザーサイト内にて、事前登録が受付中。登録はTwitter、LINE、メールアドレスで行えます。

さらに3月12日(火)より、先行体験版の参加プレイヤー募集が開始されます。詳細は3月12日(火)にティザーサイトやTwitterの公式アカウント等で発表されるとのこと。遊ぶしかない!

© 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6

自由度の高さとバトルの楽しさが光る神ゲー『オクトパストラベラー』の新作がスマートフォンで登場決定!

世界累計出荷・ダウンロード販売本数150万を突破した名作RPG『OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)』の新作『OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者』が発表されました。事前登録受付が開始されたほか、3月12日(火)から先行体験版のプレイヤー募集も行われます。

旅立とう、きみが求める物語へ――


本作は、『OCTOPATH TRAVELER』で8人の主人公たちが旅したオルステラ大陸の数年前を舞台に、新たなストーリーが展開するフリー・トゥ・プレイのシングルプレイRPGです。

“ドット絵”に、“3DCG”の画面効果を加えた、幻想的なHD-2Dの世界をスマートフォンで実現。最大8人のパーティを編成して戦う進化したコマンドバトルや、町の人々と様々なコミュニケーションが楽しめるフィールドコマンドといったシステムも搭載されています。

『OCTOPATH TRAVELER』の魅力をスマートフォン向けに遊びやすく最適化させたゲームシステムを通じて、富・権力・名声を極めた巨悪に立ち向かう、新たなロールプレイが楽しめます。









『オクトパストラベラー 大陸の覇者』 1st Trailer

3月8日より事前登録受付スタート!

『OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者』ティザーサイト内にて、事前登録受付が開始されました。登録はTwitter、LINE、メールアドレスで行えます。

事前登録はこちらから

先行体験版配信決定! 3月12日(火)より参加プレイヤー募集開始!

3月12日(火)より、参加プレイヤーの募集が開始されます。詳細は3月12日(火)にティザーサイトやTwitterの公式アカウント等で発表されるとのことです。

© 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6

自由度の高さとバトルの楽しさが光る神ゲー『オクトパストラベラー』の新作がスマートフォンで登場決定!

世界累計出荷・ダウンロード販売本数150万を突破した名作RPG『OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)』の新作『OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者』が発表されました。事前登録受付が開始されたほか、3月12日(火)から先行体験版のプレイヤー募集も行われます。

旅立とう、きみが求める物語へ――


本作は、『OCTOPATH TRAVELER』で8人の主人公たちが旅したオルステラ大陸の数年前を舞台に、新たなストーリーが展開するフリー・トゥ・プレイのシングルプレイRPGです。

“ドット絵”に、“3DCG”の画面効果を加えた、幻想的なHD-2Dの世界をスマートフォンで実現。最大8人のパーティを編成して戦う進化したコマンドバトルや、町の人々と様々なコミュニケーションが楽しめるフィールドコマンドといったシステムも搭載されています。

『OCTOPATH TRAVELER』の魅力をスマートフォン向けに遊びやすく最適化させたゲームシステムを通じて、富・権力・名声を極めた巨悪に立ち向かう、新たなロールプレイが楽しめます。









『オクトパストラベラー 大陸の覇者』 1st Trailer

3月8日より事前登録受付スタート!

『OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者』ティザーサイト内にて、事前登録受付が開始されました。登録はTwitter、LINE、メールアドレスで行えます。

事前登録はこちらから

先行体験版配信決定! 3月12日(火)より参加プレイヤー募集開始!

3月12日(火)より、参加プレイヤーの募集が開始されます。詳細は3月12日(火)にティザーサイトやTwitterの公式アカウント等で発表されるとのことです。

© 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6

スクエニ『オクトパストラベラー』が『ファンタジーアース ゼロ』とコラボ!


スクウェア・エニックスのオンラインアクションRPG『ファンタジーアース ゼロ』で、Nintendo Switch用RPG『OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)』とのコラボレーションが開催されました。

「オクトパストラベラールーレット」登場

ルーレットでは『オクトパストラベラー』の主人公たちをモチーフにしたコラボ限定装備が獲得できます。

※全てのコラボ限定防具は共通防具になります。

【コラボ限定防具】
・オルベリクセット


・アーフェンセット


・テリオンセット


・サイラスセット


・プリムロゼセット


・ハンイットセット


・オフィーリアセット


・トレサセット


【コラボ限定武器】
・守護者セット


・ウィンヒルドの槍


・オルベリクの剣


・プリムロゼの扇


・ハンイットの弓


・オフィーリアの杖


・魔導具トレサ


・バロガーの剣


・罪人の腕輪


【登場期間】
11月14日(水)定期メンテナンス前まで

4週連続でコラボイベント開催

コラボ限定イベントは、4週連続で開催する「参戦イベント」と毎週『オクトパストラベラー』の主人公が2人ずつ交代で登場する特別イベントの2種類が開催中です。

それぞれのイベントである条件を達成すると『オクトパストラベラー』の主人公をモチーフにした頭乗せアクセサリやオクトパスコイン、シルバーコインなどの豪華報酬が手に入ります。

イベント1:参戦イベントに参加して、豪華報酬をゲットしよう

開催期間中、参戦すると戦後報酬で、硝子玉/ぬいぐるみ/クズ石がランダムで入手できます。

NPC「(イベント)トレサ」に売却する事でこのイベント用の通貨「リーフ」に換金できます。

「リーフ」を消費する事でトレサから「オクトパスコイン」をはじめ、色々なアイテムが交換できます。

【交換できるアイテムのラインアップ】
・レアステーキ:3個
・EX パワーリジェネ
・シルバーコイン(各週10枚限定)
・精練の伝書
・報酬の密書
・キャットリン(経験値アイテム)
・EXHPPwセット
・EX アタックガードセット
・穿孔の石
・オクトパスコイン(各週1回限定)

イベント2:イベントに参加して条件を達成すると豪華報酬がもらえる

開催期間中、イベントで毎週2人のオクトパスの主人公が登場しています。

それぞれのイベントにてある条件を達成するとその主人公の頭乗せアクセサリが獲得できます。

【コラボ限定アクセサリ】

・頭乗せオルベリク


・頭乗せプリムロゼ


・頭乗せアーフェン


・頭乗せハンイット


・頭乗せテリオン


・頭乗せオフィーリア


・頭乗せサイラス


・頭乗せトレサ


【開催期間】
11月7日(水)定期メンテナンス前まで

『オクトパストラベラー』の楽曲が期間限定で登場

開催期間中、首都やカジノのBGMが『オクトパストラベラー』の楽曲に変更されています。

▼フィールドBGM

BGM 曲名
ワールドマップ 「OCTOPATH TRAVELER – メインテーマ -」
ヴィネル島 「商人トレサのテーマ」
カジノ 「交易の都グランポート」

▼戦争BGM

BGM パターン1(曲名) パターン2(曲名)
通常時 バトル1 バトル2
優勢時 バトル3 ボスバトル2
劣勢時 ボスバトル1 理を司る者
勝利時 勝利のファンファーレ 勝利のファンファーレ
敗北時 敗北のレクイエム 敗北のレクイエム
準備中 緊迫 緊迫

ドット絵のイベントNPCが期間限定で登場

開催期間中『オクトパストラベラー』の主人公たちをイメージしたドット絵のイベントNPCが各国の首都に登場しています。

【イベントNPC(登場例)】
・オルベリク


・トレサ


・ハンイット


『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6

© 2005-2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.© 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

『オクトパストラベラー』世界累計100万本突破!

スクウェア・エニックスのNintendo Switch用RPG『OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)』の世界累計出荷数とダウンロード販売本数の合計が100万本を突破したことが発表されました! おめでとうございます!


なお、このゲームがいかに「神ゲー」なのかはレビュー記事「神ゲー=不自由な自由+ロールプレイ+ボタンを押す楽しさ」で語っているので、ご興味がある方はぜひ!


© 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6

『FFBE』×『オクトパストラベラー』コラボ!! プリムロゼ・オルベリクなど4キャラが登場!!


スクウェア・エニックスの『ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス(以下、FFBE)』で、7月13日(金)に発売されたNintendo Switch向け完全新規RPG『OCTOPATH TRAVELER』とのコラボレーションが実施されています。

配信元 - AppBank http://www.appbank.net/

(more…)

『BDFE』×『オクトパストラベラー』コラボ!! オルベリク・プリムロゼになりきってコラボを楽しもう


スクウェア・エニックスのスマートフォン向けファンタジーRPG『BRAVELY DEFAULT FAIRY’S EFFECT(以下、BDFE)』で、7月16日(月)より『OCTOPATH TRAVELER』とのコラボイベントが開催されます。

また、「オクトパストラベラーTシャツ」が抽選で当たるフォロー&リツイートキャンペーンも開催されました。

配信元 - AppBank http://www.appbank.net/

(more…)

プリムロゼの胸元が…! 『オクトパストラベラー』×『BDFE』コラボ先行レポート

bdfe_0713 - 10


スクウェア・エニックスのスマホ向けファンタジーRPG『BRAVELY DEFAULT FAIRY’S EFFECT(以下、BDFE)』で、7月16日(月)よりNintendo Switch用完全新規RPG『OCTOPATH TRAVELER(オクトパス トラベラー)』とのコラボイベントが行われます。

本コラボイベントでは、『オクトパストラベラー』のキャラクターになりきれる装備が手に入ります。レビューでも書きましたが、神ゲー確定の『オクトパストラベラー』とのコラボを楽しめるなんて幸せ!

bdfe_0710 - 2


さっそく先行プレイをしてきたので、実際に遊んで感じた「再現度の高さ」や「ニヤリとできるポイント」をレポートしていきます!

▼今回の装備には、1つ入手できると男女でガラリと違う2パターンを楽しめるものもあります。男性ならオルベリク、女性ならプリムロゼになりきれます!
bdfe_0713 - 2


bdfe_0713 - 8


※画面は開発中のものです。製品版とは異なる場合があります。

配信元 - AppBank http://www.appbank.net/

(more…)

踊子プリムロゼと剣士オルベリクのなりきり装備が『BDFE』に登場

bdfe_0712 - 2


スクウェア・エニックスのスマホ向けファンタジーRPG『BRAVELY DEFAULT FAIRY’S EFFECT(以下、BDFE)』で、7月16日(月)よりNintendo Switch用完全新規RPG『OCTOPATH TRAVELER(オクトパス トラベラー)』とのコラボイベントが行われます。

本コラボイベントでは、『BDFE』の世界に、『オクトパストラベラー』のキャラクターになりきれる装備が手に入るなど、双方の世界観が楽しめる特別なイベントが用意されているとのこと。

bdfe_0710 - 2


公式ツイッターで発表された情報によると、剣士オルベリクと踊子プリムロゼのなりきり装備が登場するそうです。

自分は体験版で2人とも最初の章はクリアしましたが、特にプリムロゼのダークでミステリアスな物語は先が気になっています!

配信元 - AppBank http://www.appbank.net/

(more…)

【神ゲー】『オクトパストラベラー』星詠人、武芸家など、隠された4ジョブが判明

ot_0712 - 1


スクウェア・エニックスが7月13日(金)に発売するNintendo Switch用RPG『OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)』の隠されたバトルジョブやパーティチャットに関する情報が公開されました。

なお、このゲームがいかに「神ゲー」なのかはレビュー記事「神ゲー=不自由な自由+ロールプレイ+ボタンを押す楽しさ」で語っているので、ご興味がある方はぜひ!

配信元 - AppBank http://www.appbank.net/

(more…)

スクエニ新作『オクトパストラベラー』が『BDFE』とコラボ!

bdfe_0710 - 2


スクウェア・エニックスのスマホ向けファンタジーRPG『BRAVELY DEFAULT FAIRY’S EFFECT(以下、BDFE)』で、7月16日(月)よりNintendo Switch用完全新規RPG『OCTOPATH TRAVELER(オクトパス トラベラー)』とのコラボイベントが行われます。

本コラボイベントでは、『BDFE』の世界に、『オクトパストラベラー』のキャラクターになりきれる装備が手に入るなど、双方の世界観が楽しめる特別なイベントが用意されているとのこと。


詳細は後日発表されるとのことなので、楽しみですね!

配信元 - AppBank http://www.appbank.net/

(more…)

神ゲー=不自由な自由+ロールプレイ+ボタンを押す楽しさ【オクトパストラベラーレビュー】

久々に、徹夜をして遊びたいゲームに出会いました。

なんというか、先に進みたくなるどうこう以前に、コントローラを握って遊んでいること自体が楽しい。

頭を空っぽにして、心の底から夢中になれる神ゲー。スクウェア・エニックスが7月13日(金)に発売するNintendo Switch用RPG『OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)』のレビューをお届けします。

octopathtraveler-01


6月15日に配信された新たな体験版は全8人の主人公を誰でも自由にプレイでき、製品版にデータ引き継ぎも可能です。

▼『オクトパストラベラー』の神ゲーっぷりを感じられる総集編動画。「おもしろそう」と感じた人は、その直感を信じましょう。

個人的な経験則ですが、「不自由な自由」「ロールプレイ」「ボタンを押す楽しさ」は、書籍や映像作品とはまた違う「ゲームならではのおもしろさ」であり、これらを備えたゲームは神ゲーだと感じることが多いです。

その点、本作は『ブレイブリーデフォルト』の開発スタッフ(浅野智也さんや高橋真志さん)が携わっており、また、多くの秀逸なRPGを手がけてきたアクワイアが開発に参加していることもあり、本当にいい意味で「ゲームゲームしたRPG」となっています。

そんな僕的な「神ゲー三原則」を満たした『オクトパストラベラー』を遊んだ感想をどうぞ!

配信元 - AppBank http://www.appbank.net/

(more…)

【オクトパストラベラーレビュー】神官オフィーリアの「導く」は「意外な強い人探し」が楽しすぎる!

スクウェア・エニックスが7月13日(金)に発売するNintendo Switch用RPG『OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)』のレビューをお届けします。

6月15日に配信された新たな体験版は全8人の主人公を誰でも自由にプレイでき、製品版にデータ引き継ぎも可能です。

この記事では、自分がプレイしてみておもしろかった、神官のオフィーリアの感想を掲載します。(文:ATom)

配信元 - AppBank http://www.appbank.net/

(more…)

【オクトパストラベラーレビュー】盗賊テリオンは敵からも町人からもアイテムを盗みまくれるのが楽しい!

スクウェア・エニックスが7月13日(金)に発売するNintendo Switch用RPG『OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)』のレビューをお届けします。

6月15日に配信された新たな体験版は全8人の主人公を誰でも自由にプレイでき、製品版にデータ引き継ぎも可能です。

この記事では、自分がプレイしてみておもしろかった、盗賊のテリオンの感想を掲載します。(文:唐傘)

配信元 - AppBank http://www.appbank.net/

(more…)

【オクトパストラベラーレビュー】自由度の高さと王道RPGの進化形的なバトルが魅力

スクウェア・エニックスが7月13日(金)に発売するNintendo Switch用RPG『OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)』のレビューをお届けします。

octopathtraveler-01


6月15日に配信された新たな体験版は全8人の主人公を誰でも自由にプレイでき、製品版にデータ引き継ぎも可能です。

本作は『ブレイブリーデフォルト』のプロデューサー陣が携わっており、さらに多くのRPGを手がけた実績があるアクワイアが開発に参加していることもあり、非常に完成度が高い作品となっています。

この記事では、8人の主人公を選べる自由度の高さと、バトルシステムの楽しさについて、プレイした感想を掲載します。(文:ATom)

▼「OCTOPATH TRAVELER紹介映像総集編」では、自由度の高い本作のシステムをチェックできます。敵の弱点をついてブレイクするバトルシステムも解説されています。

配信元 - AppBank http://www.appbank.net/

(more…)

『OCTOPATH TRAVELER』コラボカフェが6月30日より開催!! コラボメニューや限定グッズの発売も


スクウェア・エニックスが7月13日(金)に発売を予定している、Nintendo Switch向け完全新規RPG『OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)』で、東京と大阪の「SQUARE ENIX CAFE」で開催されるコラボカフェのメニュー・キャンペーンを含む詳細情報が公開されました。

配信元 - AppBank http://www.appbank.net/

(more…)

スクエニ『オクトパストラベラー』実況プレイ。自由度の高さと冒険の楽しさに注目【AppBank ゲーム祭り】

6月22日(金)19:00からYouTube LiveおよびPeriscopeで27時間生放送「AppBank ゲーム祭り vol.9」を開催します。

6月23日(土)14:00より、スクウェア・エニックスが7月13日に発売するNintendo Switch用RPG『OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)』の番組をお送りします!

octopathtraveler-01


自由度の高さと冒険の楽しさをお伝えする実況プレイ!

スクウェア・エニックスが7月13日に発売するNintendo Switch用大作RPGを、たかはしくんが実況プレイ。

8人の主人公それぞれに物語や特殊なアクションが用意された、自由度の高いRPGの魅力をたっぷりとお届けします!


番組配信ページはこちら

YouTube Live「マックスむらいch」
Periscope(AppBank公式Twitterアカウント)

セーブデータを製品版に引き継げる体験版が配信中!

製品版へのセーブデータ引き継ぎができる体験版『OCTOPATH TRAVELER Prologue Demo』がニンテンドーeショップで配信中。

また、Amazon.co.jpでも体験版のダウンロードコードが配布されています。


※体験版のダウンロードには、2GB以上の空き容量が必要です。

『OCTOPATH TRAVELER Prologue Demo』は、製品版と同じく「8人の主人公から1人を選択」し、彼らの旅の「第1章」が体験できます。

第1章のエリア内、3時間の範囲内であれば、ほかの主人公たちを仲間に加える旅に出ることも可能ですし、特に目的を持たず、町やダンジョンを探索する旅を自由に楽しむこともできます。


配信元 - AppBank http://www.appbank.net/

(more…)

【オクトパストラベラー】SQEX CAFEとのコラボレーション開催



スクウェア・エニックスは、7月13日(金)に発売が予定されているNintendo Switch向け完全新規RPG『OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)』の「SQUARE ENIX CAFE」とのコラボレーションを発表しました。

東京(秋葉原)と大阪(梅田)で展開中の「SQUARE ENIX CAFE(スクウェア・エニックス カフェ)」とのコラボカフェを、6月30日(土)から8月10日(金)の期間で開催されます。

コラボカフェ期間中は、「SQUARE ENIX CAFE」店内が『オクトパストラベラー』一色に染まります。さらに、コラボフード&ドリンクが楽しめるほか、カフェ限定のグッズも販売。カフェの予約も受付中です。


【紹介映像総集編】

配信元 - AppBank http://www.appbank.net/

(more…)

【オクトパストラベラーレビュー】学者サイラスは情報集めや魔法を使ったバトルが楽しい!

スクウェア・エニックスが7月13日(金)に発売するNintendo Switch用RPG『OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)』の体験版レビューをお届けします。

6月15日に配信された新たな体験版は全8人の主人公を誰でも自由にプレイでき、製品版にデータ引き継ぎも可能です。

この記事では、学者のサイラスをプレイした感想を掲載します。(文:ATom)

▼総集編動画では、『オクトパストラベラー』の自由度が高いシステムをチェックできます。敵の弱点をついてブレイクするバトルシステムも解説されています。

配信元 - AppBank http://www.appbank.net/

(more…)

製品版へセーブデータが引き継ぎ可能な『オクトパストラベラー』体験版の配信開始!!


スクウェア・エニックスは、7月13日(金)に発売が予定されているNintendo Switch向け完全新規RPG『OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)』製品版へのセーブデータ引き継ぎができる体験版『OCTOPATH TRAVELER Prologue Demo』の配信を開始しました。

配信元 - AppBank http://www.appbank.net/

(more…)

『オクトパストラベラー』新体験版は製品版にデータ引継ぎ可能&8人の主人公をすべて遊べる!


スクウェア・エニックスは、「Nintendo Direct: E3 2018」にて、2018年7月13日(金)に発売を予定しているNintendo Switch向けRPG『OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)』の体験版『OCTOPATH TRAVELER Prologue Demo』を6月15日より配信すると発表しました。

『Prologue Demo』は製品版へのセーブデータの引き継ぎが可能。8人の主人公のうち誰でも選択できるだけでなく、最大で8人の第一章までが遊べます。3時間プレイできるので、それぞれのキャラクターを試す良いチャンスですね。

体験版は、ニンテンドーeショップでの配信に加え、Amazon.co.jpでもダウンロードコードを配布するとのことです。


そのほか、そのほか、AppBankでは「Nintendo Direct: E3 2018」で発表されたタイトルを記事にしているので、ぜひチェックしてみてください。


『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6

© 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.