「ウェブアプリ,」カテゴリーアーカイブ

Webを再び分散させるSolidプロジェクトの思想を表したエディターツール「dokieli」

「Solid」はGoogleやFacebookなどによってWebが中央集権化してしまっていることを懸念して、Webを再分散化することを目標に立ち上がったプロジェクトです。そのSolidの仕様を取り入れたエディターツール「dokieli」は、SolidではどのようなWebが実現できるのかについてうかがわせてくれるツールとなっています。

続きを読む...

課題をクリアしたら2億円相当のビットコインがもらえる「Bitcoin Challenge」で賞金をゲットした猛者が爆誕

2018年10月2日に突如として開始されたBitcoin Challengeは、出題者が示したパズルの謎を解き明かしたら記事作成時点の交換レートで約2億1800万円に相当するビットコイン「310BTC」をゲットできるというとてつもないイベント。その行方が気になるBitcoin Challengeでしたが、開始から8日後の10月8日には出題者が賞金をプールしていたウォレットからビットコインが消えており、誰かが賞金をゲットしたことがわかっています。

続きを読む...

Twitterが差別発言の温床となっているのはジャック・ドーシーCEOの個人的判断が原因だとする指摘

「Twitterのジャック・ドーシーCEOは、差別発言を行う著名人のアカウントを削除するかどうかについて、個人的意見で決定を行っている」と主張する記事を、ウォール・ストリート・ジャーナルが掲載しました。Twitterには他のソーシャルメディアで締め出しにあった著名人のアカウントがいまだ残っていますが、これらを「BANする」という担当チームの決定を、ドーシーCEOが個人的意見で無効にしていると指摘されています。

続きを読む...

Lighthouseで満点を獲得したハイパーパフォーマンスのサイトのコードがGithubで公開中

Amazonの調査で「サイトの表示が0.1秒遅くなると売上が1%減少する」ことが分かっていたり、Googleの検索ランキング要素にページの読込速度が採用されたりすることから分かるように、ページの読込速度というのは今のWebサイトを評価する上でで非常に重要な指標となっています。「Lighthouse」はページの読込速度などのパフォーマンスを総合的に計測してくれるツールなのですが、このLighthouseで満点を獲得したサイトとそのソースコードがGithubに投稿されています。

続きを読む...

Googleのクラウドサーバーが一時的にダウン、余波でポケモンGOやSpotifyなどにも影響が及ぶ

Googleが提供している「Google Cloud Platform」の一部で、ウェブアプリケーションを実現するためのプラットフォームであるGoogle App Engineが一時的にダウンしました。これにより、同サービスを利用しているポケモンGOなどのサービスも一時的にダウンするという事態が生じました。

続きを読む...

Twitterが「ロックされたアカウント」をフォロワー数から除くと発表、フォロワーが大幅に減少するアカウントがある可能性も

Twitterユーザーのうち最大4800万アカウントはボットであるという研究結果が示されるなど、かねてからTwitterの信頼性は問題となっていました。そのため、Twitterは2018年に入ってから自動投稿ボットを規制するなどの対応を行っています。そして、新たにTwitterは現地時間2018年7月12日(木)から「疑わしいアカウント」をフォロワー数から削除していくことを発表しました。この取り組みにより「偽のフォロワー」が多いユーザーはフォロワー数が減少するとみられています。

続きを読む...

「Googleがアルゴリズム的な判断でユーザーのシステムを停止させた」として影響を受けた人物が抗議の声を挙げる

Googleが提供しているクラウドプラットフォーム「Google Cloud Platform(GCP)」はさまざまなビジネスシーンで活用されています。そんなGCPを使って発電施設のシステムをモニタリングする環境を構築していた企業がある日、ほとんど時間的な猶予も与えられない状態で突然GCPからシャットアウトされ、発電システムが一時的に停止してしまうという事態に追い込まれました。

続きを読む...

Twitterが13歳以下のアカウントを凍結したのは新データ保護規則「GDPR」によるものだった

2018年5月25日からTwitterの利用規約が改定され、「13歳未満の利用が禁止」という条項が盛り込まれた結果、本当にユーザーが13歳未満のアカウントだけでなく、企業アカウントが凍結されるといった騒ぎにまで発展してしまいました。「一体なぜ13歳未満のTwitter利用が禁止されてしまったのか?」という疑問について、Twitterの英語版公式アカウントが回答しています。

続きを読む...

Apple Musicのウェブプレイヤーが登場、サイトに埋め込むことで任意の曲やプレイリストをブラウザで再生することが可能に

Apple Musicが埋め込み型のウェブプレイヤーを用意していたことが、アメリカの掲示板・Redditのユーザーによって発見されました。このウェブプレイヤーを埋め込むことで、ウェブサイトで任意の曲・アルバム・プレイリストを、iOSのミュージックアプリと同じような感覚で再生することができ、アーティストは自分のサイトで自分の曲を簡単にアピールすることができます。

続きを読む...

Googleのビジネス向けチャットサービス「Hangouts Chat」が正式サービス提供を開始

Googleが一部のアーリーアダプター向けに提供していたビジネス向けチャットサービス「Hangouts Chat」が、アメリカ時間の2018年2月28日から一般エンタープライズ向けにも提供が開始されました。先行するビジネス向けチャット「Slack」と競合する位置付けのサービスで、Googleのビジネススイート「G Suite」の一部として提供されます。

続きを読む...

Twitterのブックマーク機能が全ユーザー利用可能に、「いいね」がフォロワーに周知される現象を回避可能

Twitterのタイムライン上で見つけた投稿を「後で見よう」と思った時には、これまで「いいね」をつけるという選択肢がありました。しかし、「いいね」を押したツイートは他のユーザーに公開状態でリスト化され、フォロワーのタイムラインに「○○さんがいいねしました」という情報を流してしまうことも。このような事態を避けたいユーザーから非公開のブックマーク機能が切望されていたところ、Twitterがついにブックマーク機能を公開しました。

続きを読む...

0からスタートして400万人のユーザーを獲得した着こなし共有アプリ「Chicisimo」はどのようにして開発されたのか?

Googleが「Style Ideas」と呼ばれる機能をリリースするなど、近年になってAmazonやGoogleなどがファッションや着こなしといった分野に参入していきているのは、「着こなし」が人々の毎日に根付き、固定客をのぞめ、かつユーザーからたくさんのデータを得ることができるためだといわれています。eコマースを使ったアパレル市場の収益は2022年には1230億ドルに上るという予測も。そんな中、0からスタートして数年でユーザー数を400万人にまで増やしたアプリ「Chicisimo」の創業者であるGabriel Aldamizさんが、どのようにアプリ開発が進められたかについて振り返っています。

続きを読む...

Googleトレンドが機能強化を実施、リアルタイム性が向上して「画像検索」や「YouTube検索」の絞り込みが可能

Googleが提供しているWebトレンド解析ツール「Googleトレンド」の機能が強化され、情報のリアルタイム性が高められました。併せて、Googleでのウェブ検索に加えて「画像検索」「ニュース検索」「Googleショッピング」「YouTube検索」のカテゴリにおける動向をつかめるようになっています。

続きを読む...

Twitterが気になったツイートを後で読める「ブックマーク」機能を実装テスト中

気になったツイートを後からもう一度すぐに読むことができる機能「Bookmarks」のテストをTwitterが開始しています。記事作成時点では一部の限られたユーザーにのみ提供されてテストが行われていますが、近い将来に正式リリースされるものと見られています。

続きを読む...

なぜトランプ大統領はTwitterにBANされないのか

攻撃的なツイートをTwitterで行うとBAN、つまりアカウントが凍結されてしまうことがありますが、Twitterユーザーの中にはたびたび他者への攻撃的な発言が問題になっても、ツイートやアカウントが残り続ける人も。この件に関してTwitterは、「なぜ一部のユーザーだけがポリシー違反しても許されるのか」を説明しています。

続きを読む...