「インタビュー, 動画, アニメ,」カテゴリーアーカイブ

映画「プロメア」を制作したTRIGGERの大塚雅彦社長にインタビュー、クリエイターがお互い刺激し合って高まった末に作品が完成する

「天元突破グレンラガン」「キルラキル」とアツい作品を生み出してきた今石洋之&中島かずきの高シンクロ率コンビによる、完全オリジナル新作アニメーション映画「プロメア」が2019年5月24日(金)から絶賛公開中です。予告編でも、今石&中島コンビらしい外連味あふれる台詞回し&映像が出ていますが、これだけのものを生み出す株式会社TRIGGER(トリガー)の社長である大塚雅彦さんとはどういった人物なのか、「プロメア」の実制作にも携わったということなので、作品のことも含めていろいろと話をうかがってきました。

続きを読む...

未来世界で人類を背負った戦いに身を投じる少年少女の姿を描くSFアニメ「revisions リヴィジョンズ」監督・谷口悟朗&CG監督・平川孝充インタビュー

2017年の渋谷の一部が人々とともに300年以上後、2338年の未来に転送されてしまい、「アーヴ」と「リヴィジョンズ」という2つの勢力の争いに巻き込まれつつ生き残りと現代への帰還を探るオリジナルアニメが「revisons リヴィジョンズ」です。物語は折り返し点を過ぎてさらに加速していきます。改めて、監督である谷口悟朗さんと、CG監督・平川孝充さんによる話に目を通すと、いろいろと納得する部分が出てくるかもしれません。

続きを読む...

細胞擬人化アニメ「はたらく細胞」の高橋祐馬プロデューサーにインタビュー、「献血で第1話試聴」など面白施策を打ち出す裏側とは?

2018年7月7日から、擬人化した細胞たちが大活躍するテレビアニメ「はたらく細胞」の放送がスタートします。いろいろなものが擬人化されてきましたが、今回題材となるのは、意外と知らない我々の「からだの中」のお話。月刊少年シリウス連載の人気作を、どのようにしてアニメ化することになったのか、プロデューサーであるアニプレックス・高橋祐馬さんにお話をうかがってきました。

続きを読む...

細胞擬人化アニメ「はたらく細胞」の高橋祐馬プロデューサーにインタビュー、「献血で第1話試聴」など面白施策を打ち出す裏側とは?

2018年7月7日から、擬人化した細胞たちが大活躍するテレビアニメ「はたらく細胞」の放送がスタートします。いろいろなものが擬人化されてきましたが、今回題材となるのは、意外と知らない我々の「からだの中」のお話。月刊少年シリウス連載の人気作を、どのようにしてアニメ化することになったのか、プロデューサーであるアニプレックス・高橋祐馬さんにお話をうかがってきました。

続きを読む...

「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」ジーベック・小松紘起プロデューサーにインタビュー、ヤマト制作は「楽しい」

「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」と「宇宙戦艦ヤマト2」を全七章立てで現代にリメイクする「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」の第五章「煉獄篇」が2018年5月25日(金)から劇場上映となります。

続きを読む...

永井豪&湯浅政明監督に「DEVILMAN crybaby」についてインタビュー、「デビルマンの本質を押さえたものになった」と太鼓判

2018年1月5日(金)からNetflixオリジナルアニメ「DEVILMAN crybaby」の配信が始まりました。これは永井豪さんの画業50周年を記念した作品で、漫画版はその展開などから、完全に映像化することは不可能だといわれてきて、実際にラストシーンまでを映像化した作品はこれまでありませんでした。この難題に挑んだのが、「夜明け告げるルーのうた」でアヌシー国際アニメ映画祭・長編グランプリを獲得した湯浅政明監督です。原作者である永井豪さんと湯浅監督に、本作についての話をうかがってきました。

続きを読む...

「Infini-T Force」鈴木清崇監督インタビュー、フル3DCGアニメならではのメリットはこうやって積み上げられていく

ガッチャマン、テッカマン、ポリマー、キャシャーンという往年のタツノコヒーローたちが集結した、タツノコプロ55周年記念作品「Infini-T Force(インフィニティ フォース)」が2017年10月から始まりました。原作にリスペクトを払いつつリデザインが行われた、このフルCGアニメーション作品を監督するのは、「ガッチャマン クラウズ インサイト」で助監督を務めた鈴木清崇さん。この作品の監督を担当することになった経緯から、作品作りのこだわりまで、いろいろな話をうかがってきました。

続きを読む...