「アヴァベル」カテゴリーアーカイブ

『アヴァベル』を広げる新たな挑戦。熱い想いも語られた「アヴァベル プロジェクト メディア発表会」をレポート

1月24日(木)、アソビモが手掛けるMMORPG『アヴァベルオンライン』を軸とした『アヴァベル』シリーズの新プロジェクト発表会「アヴァベル プロジェクト メディア発表会」が行われました。本記事では、同発表会の模様をレポートします。(文:ユート)

詳細未公開タイトルを含む計3タイトルの新作を発表

『アヴァベル』を広げる新たな挑戦。熱い想いも語られた「アヴァベル プロジェクト メディア発表会」をレポート


イベントのMCを務めたのは、アソビモの公式放送に出演中の芸人・南国バカンスのお二人。「今日は僕らの写真もバシバシ撮っていってください」など芸人らしいトークで場を温めたのち、発表会がスタートしました。

▼南国バカンスのナガシマパイナポー氏(左)とマンゴー北川氏(右)。
『アヴァベル』を広げる新たな挑戦。熱い想いも語られた「アヴァベル プロジェクト メディア発表会」をレポート


まずは「アヴァベル プロジェクト」総合プロデューサーの星野武士氏から、同プロジェクトについての説明が行われました。

▼「アヴァベル プロジェクト」総合プロデューサーの星野武士氏。
『アヴァベル』を広げる新たな挑戦。熱い想いも語られた「アヴァベル プロジェクト メディア発表会」をレポート


「アヴァベル プロジェクト」を立ち上げることにしたきっかけは、2019年に『アヴァベルオンライン』が6周年を迎えるに当たり、ゲームを楽しんでくれている方の「アッ」と驚く顔が見たい、『アヴァベル』を通じていろんな人に笑顔になってもらいたいという想いがあったからとのこと。

プロジェクトの目的には“より多くのゲームユーザーに『アヴァベル』を届けたい”、方針には“挑戦と進化”を据え、『アヴァベルオンライン』を軸に広がる新たな展開が語られていきました。

『アヴァベル』を広げる新たな挑戦。熱い想いも語られた「アヴァベル プロジェクト メディア発表会」をレポート


ここで、こちらの記事(【速報】アヴァベル新作「ルピナス」「EX(仮称)」発表!)にてお届けした『アヴァベル ルピナス』『アヴァベルEX(仮称)』、詳細未公開の新作『???』の3タイトルを発表。

『アヴァベルオンライン』はやれることが多いものの複雑な面も併せ持っているため、これまで同作を遊んでいなかった人も『アヴァベル』に触れてほしい、知ってほしいという願いから、よりライトに遊べる3作品を開発したそうです。

プロジェクトの概要説明を終え、各タイトルの展開についての話に移行。最初は現在配信中の『アヴァベルオンライン』。作品の概要紹介ののち、2019年に予定されているロードマップが公開されました。

『アヴァベル』を広げる新たな挑戦。熱い想いも語られた「アヴァベル プロジェクト メディア発表会」をレポート


『アヴァベル』を広げる新たな挑戦。熱い想いも語られた「アヴァベル プロジェクト メディア発表会」をレポート


ボリューム感のあるアップデートに加え、プロジェクトの方針にもあった“挑戦”として、2019年11月までにオープンフィールドを導入し、そこに紐づくマウント、探索を実装。さらに、12月までには『アヴァベルオンライン』の肝となっている多人数プレイの新たな楽しみとして、新ギルド対抗戦を実施することも発表されました。

ほかにも、ユーザーさんが期待することや要望なども拾いってニーズに応えられるようにしていくなど、今後も『アヴァベルオンライン』がますます盛り上がっていくことを強調。「新作が出るからおろそかになるんじゃない?」といった心配をまったく感じさせない、充実のアップデート内容を届けてくれました。

『アヴァベル』を広げる新たな挑戦。熱い想いも語られた「アヴァベル プロジェクト メディア発表会」をレポート


続いては『アヴァベルEX(仮称)』について。こちらは『アヴァベルオンライン』にも登場するキャラによる“英雄(ヒーロー)コレクション型RPG”。『アヴァベルオンライン』とは違うアプローチの作品で、より手軽に『アヴァベル』の世界観を楽しめるものになっているとのことです。

『アヴァベル』を広げる新たな挑戦。熱い想いも語られた「アヴァベル プロジェクト メディア発表会」をレポート


『アヴァベルEX(仮称)』には300体以上のキャラが登場。キャラを集めて、育てて、組み合わせて最強のパーティーを作るという、スマホアプリとしてなじみ深いシステムが特徴となっています。アクションはノンターゲッティング方式で、リーダーとサポーターに分かれてパーティを組みながら冒険を楽しめるそうです。

多種多様な装備も登場するほか、同じ職でもキャラによって姿が異なるなど、『アヴァベルEX(仮称)』ならではの部分も多数あるとのこと。絶賛開発中で配信時期などはまだ未定ですが、『アヴァベルオンライン』とは違った面白さを提供できればと、星野氏は口にされていました。

『アヴァベル』を広げる新たな挑戦。熱い想いも語られた「アヴァベル プロジェクト メディア発表会」をレポート


▼アコライト。

『アヴァベル』を広げる新たな挑戦。熱い想いも語られた「アヴァベル プロジェクト メディア発表会」をレポート


▼ウォリアー。

『アヴァベル』を広げる新たな挑戦。熱い想いも語られた「アヴァベル プロジェクト メディア発表会」をレポート


▼クリエイター。

『アヴァベル』を広げる新たな挑戦。熱い想いも語られた「アヴァベル プロジェクト メディア発表会」をレポート


▼サモナー。

『アヴァベル』を広げる新たな挑戦。熱い想いも語られた「アヴァベル プロジェクト メディア発表会」をレポート


▼マジシャン。

『アヴァベル』を広げる新たな挑戦。熱い想いも語られた「アヴァベル プロジェクト メディア発表会」をレポート


▼リベンジャー。

『アヴァベル』を広げる新たな挑戦。熱い想いも語られた「アヴァベル プロジェクト メディア発表会」をレポート


▼レンジャー。

『アヴァベル』を広げる新たな挑戦。熱い想いも語られた「アヴァベル プロジェクト メディア発表会」をレポート


▼AVABEL【EX】【プレイ動画】

なお、詳細未公開の新作『???』については、MMORPGでもアクションでもない、新しいジャンルの『アヴァベル』になるということだけが明かされました。

『アヴァベル』を広げる新たな挑戦。熱い想いも語られた「アヴァベル プロジェクト メディア発表会」をレポート


星野氏から『アヴァベル ルピナス』プロデューサーの村林徹氏に代わり、同作の紹介がスタート。『アヴァベル ルピナス』は“居場所がある『王道MMO-RPG』”をコンセプトに、『アヴァベルオンライン』のシステムを搭載しつつ、よりも手軽かつ可愛らしいキャラを使った遊びを目指して作られているそうです。発表済みの新作『ポケヴェル』が再始動して生まれたという開発経緯も一緒に語られました。

『アヴァベル』を広げる新たな挑戦。熱い想いも語られた「アヴァベル プロジェクト メディア発表会」をレポート


『アヴァベルオンライン』とは違ったグラフィックになっているのに加え、PTが組みやすくなる「かんたんPT」システムや、交流がより楽しくなるエモーションチャットなどを追加。より遊びやすく、のんびりと遊べるような調整も行っているそうです。ゲーム画面が表示された際には、MCを務める南国バカンスのお二人からも「かわいい!」という声が飛び出していました。
『アヴァベル』を広げる新たな挑戦。熱い想いも語られた「アヴァベル プロジェクト メディア発表会」をレポート


『アヴァベル』を広げる新たな挑戦。熱い想いも語られた「アヴァベル プロジェクト メディア発表会」をレポート


『アヴァベル』を広げる新たな挑戦。熱い想いも語られた「アヴァベル プロジェクト メディア発表会」をレポート


『アヴァベル』を広げる新たな挑戦。熱い想いも語られた「アヴァベル プロジェクト メディア発表会」をレポート


さらに、『アヴァベル ルピナス』の挑戦として、ゲームをプレイすると仮装通貨が得られる“稼ゲー”という新たな仕組みが取り入れられることも明かされました。“稼ゲー”はアソビモとして挑戦しようとしている仕組みで、その第一弾として本作への搭載が決まったとのことです。

金額などはまだ調整中だそうですが、ゲームプレイでのインセンティブになるなど、ユーザーにメリットがあるものになっているとのこと。具体的な部分は今後アソビモから発表されていくようなので、しっかりとチェックしておきましょう!

『アヴァベル』を広げる新たな挑戦。熱い想いも語られた「アヴァベル プロジェクト メディア発表会」をレポート


最後に『アヴァベル ルピナス』に関するスケジュールを公開。1月24日(木)からオープンベータテストの募集と事前登録がスタートしたほか、1月30日(水)からはオープンベータテストが開始、事前登録が10万人を突破するとリリース時にガチャ20連分の魔石がプレゼントされるなど、密度の濃い内容に。

▼アヴァベル ルピナス【プレイ動画】

オープンベータテスト開始まですぐの『アヴァベル ルピナス』をはじめ、今後の『アヴァベル』への期待感が高まる発表会となりました。
『アヴァベル』を広げる新たな挑戦。熱い想いも語られた「アヴァベル プロジェクト メディア発表会」をレポート


『アヴァベル ルピナス』試遊レポート。開始直後のアバター作成ですら引き込まれる魅力あり!

発表会の最後には、新作『アヴァベル ルピナス』の試遊も行われました。最初に行うキャラクターメイキングの項目には男女ともに髪形が20種類あり、さらに髪の色や表情、肌の色の数も膨大。自キャラを作るだけで数十分は悩めること請け合いのボリュームだと思います。

とにかくキャラが可愛い点にも注目! 自キャラはもちろんなんですけど、NPCとして登場するキャラたちのイラストも優しめで、かなり親しみやすい感じ。男性だけでなく、女性もとっつきやすいテイストなんじゃないでしょうか。

『アヴァベル』を広げる新たな挑戦。熱い想いも語られた「アヴァベル プロジェクト メディア発表会」をレポート


『アヴァベル』を広げる新たな挑戦。熱い想いも語られた「アヴァベル プロジェクト メディア発表会」をレポート


『アヴァベルオンライン』を踏襲しているだけあり、システムはMMORPGとしてかなり本格的。クエストを受注、内容達成、報告というのが一連の流れで、戦闘では職業ごとのスキルや回避アクションなどを駆使したアクションが楽しめました。

もちろん各アクションはアイコンをタップするだけで発動可能。通常攻撃はアイコンを長押しすることで連続攻撃も繰り出せます。また、登録したスキルやアイテムなどの切り替えも手軽で、クールタイムや敵、戦況などを加味してスキルなどを登録しておき、適時切り替えて戦うといった楽しみも存在。ゲームとしてしっかりと作られているなと感心する仕上がりだったといえます。

『アヴァベル』を広げる新たな挑戦。熱い想いも語られた「アヴァベル プロジェクト メディア発表会」をレポート


ただ、こういったところに敷居の高さを感じる人もいるはず。そこで役立つのが、『アヴァベル ルピナス』ならではの部分である「オートクエスト」機能。アイコンをタップするだけで、クエストの受注から報告まで自動で行ってくれます。戦闘も込みで!

『アヴァベル』を広げる新たな挑戦。熱い想いも語られた「アヴァベル プロジェクト メディア発表会」をレポート


戦闘が難しく感じる人はこの機能を使えば解決ですし、そうでなくても画面を1度タップするだけでクエスト終了まで進めてくれるのはかなり楽。スマホをずっと見ていられないときなんかにも持ってこいです。

ソロのときはオートで手軽にクエストを進めて、仲間と遊ぶときは手動でじっくりプレイ、さらにはエモートを使ってワイワイ交流する、なんて楽しみ方もいいじゃないですか。本格的な部分と手軽な部分を両立してくれていて、自分としてはとても好印象!

『アヴァベル』を広げる新たな挑戦。熱い想いも語られた「アヴァベル プロジェクト メディア発表会」をレポート


あと、転職やステータスのポイント振り直しが、レベル49までは自由に行えるのもありがたかったです。この職で良いんだろうかだったり、このポイントの振り分けでいいんだろうかってところは結構悩みがちなところですし、一定のレベルまでとはいえ、そこを気にせずプレイできるのはすごく良い!

既存の『アヴァベルオンライン』ファンだけではなく、初めて『アヴァベル』に触れる人、さらには初めてMMORPGを遊ぶ人や、女性もきっと楽しめる作品なんじゃないかなと思います。気になった人はぜひぜひオープンベータテストに応募してみてくださいませ!

オープンベータテストの応募はこちら

アヴァベル ルピナス公式サイト

RPG アヴァベル オンライン -絆の塔- ・販売元: ASOBIMO,Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 232.8 MB
・バージョン: 6.36.0
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

© Asobimo,Inc