「からだ&医療」カテゴリーアーカイブ

市販「液体のり」、白血病治療の救世主に? 専門家驚嘆:朝日新聞デジタル

市販「液体のり」、白血病治療の救世主に? 専門家驚嘆:朝日新聞デジタル

市販「液体のり」、白血病治療の救世主に? 専門家驚嘆:朝日新聞デジタル

白血病の治療で重要な細胞を大量に培養することに、東京大と米スタンフォード大などのチームがマウスで成功した。これまでは高価な培養液でもほとんど増やせなかったのが、市販の液体のりの成分で培養できたという。白血病などの画期的な治療法につながる可能性があり、専門家は「まさにコロンブスの卵だ」と驚いている...

はてなブックマーク - 市販「液体のり」、白血病治療の救世主に? 専門家驚嘆:朝日新聞デジタル はてなブックマークに追加

つい物事を「先延ばししてしまう」のは睡眠不足を解消させれば改善可能との研究結果 – GIGAZINE

つい物事を「先延ばししてしまう」のは睡眠不足を解消させれば改善可能との研究結果 - GIGAZINE

つい物事を「先延ばししてしまう」のは睡眠不足を解消させれば改善可能との研究結果 - GIGAZINE

by Daniel Novta やる気が起きない時、気が進まない時に、やるべき事をつい先延ばしにしてしまった経験は誰にでもあるはず。しかし、先延ばししてしまう傾向があまりにも強い場合は「PCN症候群」とも呼ばれ、社会生活に大きな影響を及ぼすことになります。そんな「先延ばし」の原因はこれまで本人の性格にあると思われて...

はてなブックマーク - つい物事を「先延ばししてしまう」のは睡眠不足を解消させれば改善可能との研究結果 - GIGAZINE はてなブックマークに追加

「灯台下暗し」だったアレルギー予防 博士の着想が原点:朝日新聞デジタル

「灯台下暗し」だったアレルギー予防 博士の着想が原点:朝日新聞デジタル

「灯台下暗し」だったアレルギー予防 博士の着想が原点:朝日新聞デジタル

花粉症やぜんそくを予防する仕組みを、国立成育医療研究センターなどのチームが見つけた。すでにある薬を使い、動物実験では極めて有効だと確認された。もとになったのは、今年7月に亡くなった免疫学の世界的権威、石坂公成博士が30年以上前から温めていたアイデアだった。 今回の技術は、免疫の最も基本的な仕組み「...

はてなブックマーク - 「灯台下暗し」だったアレルギー予防 博士の着想が原点:朝日新聞デジタル はてなブックマークに追加

骨折治療の患者、抗がん剤を39日連続投与され死亡:朝日新聞デジタル

骨折治療の患者、抗がん剤を39日連続投与され死亡:朝日新聞デジタル

骨折治療の患者、抗がん剤を39日連続投与され死亡:朝日新聞デジタル

山口県下関市の国立病院機構関門医療センターは10日、誤って抗がん剤を投与した70歳代の男性患者が死亡したと発表した。連続投与に制限がある薬であることに、医師も薬剤師も気付かずに投与を続けたためとみられる。 センターによると、男性は2月に骨折の治療で入院した。他の病院で脳腫瘍(しゅよう)の治療を受け...

はてなブックマーク - 骨折治療の患者、抗がん剤を39日連続投与され死亡:朝日新聞デジタル はてなブックマークに追加