【カクヨム】完全無欠の新人魔術生2章

ありのまま今起こったことを話すぜ
俺は完全無欠の新人魔術生の1章を読んでいたはずが、気づいたら2章を読み終わっていた。
何を言っているかわからねーと思うが…

手な感じで一瞬で1章と2章が既読になった。この間およそ30分。そんなバハマ。

完全無欠の新人魔術生全体に関する感想はこちら

【カクヨム】完全無欠の新人魔術生

【カクヨム】完全無欠の新人魔術生 伝説の最強魔術師、千年後の世界で魔術学校に入学するを読んだよ!

完全無欠の新人魔術生2章の感想

何ってまず、クソ短い。改行多めで行間多いのでPCで読むとさらーっと流し読みしちゃう。
そのうえそこまで文字数も多くないので驚きな速度で読める。そして1章に引き続き2章もそもそもの話数が少ないのでさっくり読めた。

でもよくよく考えると学園モノなのにまだ入学してなかったわ……。これは早いのか遅いのか。

ココに来てまさかの最弱(さいきょう)のお兄様の香り。
汎用魔術で入学試験を~ってのはちょっと驚き。これってそういう作品じゃなかったよね?試験会場にいる他の人の描写とかとくに。

とはいえ、試験管etcはその実力をしっかり認めていたのでよくある最弱(さいきょう)ではないようだ。

1章でも光の鎖?的な魔法を使っていたが、どうなんだろう。有名な血筋はみんな血継限界的な魔法を使う?みたいで試験ではそれで俺つえーしてる描写がありますね。
となると汎用魔術とかざっこwwwwwっていう試験の描写はなるほどなーと言う感じ。
それにしても15歳で入学と遅めなのに、入学試験のときのまわりの精神年齢の低さにはちょっと驚く。いや、実際15歳設定なの忘れてない??大丈夫??あれ、俺がまちがってたっけ・・・

ネット小説いろいろ読んでます

いろいろ読んでは感想を辛辣に思いのまま書いてるので、好みが合いそうな方はぜひ。

【ネット小説読了メモ】独断と偏見による適当感想とか

【ネット小説読了メモ】簡単な感想と感想へのインデックス

Copyright © 2020 あずめでぃあ All Rights Reserved.