スマホアプリ世界トップパブリッシャーランキング、トップ3はTencent、NetEase、Activision Blizzard

Anonymous Coward曰く、

スマートフォンアプリ関連マーケティングなどを手がけるApp Annieが、2020版の「世界トップパブリッシャー」を発表した(4Gamer)。

対象はiOSおよびAndroidアプリを提供しているパブリッシャー企業で、世界ランキング上位10社は次のようになっている。

  1. Tencent(中国)
  2. NetEase(中国)
  3. Activision Blizzard(米国)
  4. Supercell(フィンランド)
  5. バンダイナムコ(日本)
  6. Netmarble(韓国)
  7. Playrix(アイルランド)
  8. ソニー(日本)
  9. Playtika(イスラエル)
  10. InterActiveCorp(米国)

このランキングにはゲームアプリ以外をリリースしているパブリッシャーも含まれているものの、上位52社のうち40社以上がゲームアプリのパブリッシャだという。

そのほか日本企業では12位にLINE、13位にスクウェア・エニックス、16位にmixi、21位にサイバーエージェント、23位にコナミ、25位にガンホー・オンライン・エンターテイメント、36位にDeNA、50位に任天堂がランクインしている。

そのほかApp Annieは非ゲーム部門に限ったトップパブリッシャー上位20社カテゴリ別のランキングも公開している。

すべて読む | モバイルセクション | ビジネス | 携帯電話 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
2016年のスマホアプリ収益トップは中国のTencent、日本トップはmixi 2017年03月09日
Google Playでのゲームアプリ収益、トップはパズドラ 2016年05月16日
2015年第3四半期のモバイル音楽ストリーミング利用状況、日本ではLINEとAWAが上位入り 2015年12月06日