睡眠不足を解消できるというヘッドバンド型デバイス「SmartSleep」

hylom 曰く、

フィリップスが昨年発売した、睡眠不足を解消するという「SmartSleep ディープスリープ ヘッドバンド」の使用リポートがITmediaに掲載されている(ITmedia NEWSの記事)。

このデバイスは各種センサーで睡眠の状態を検出し、さらに搭載するイヤホンから深い睡眠を長続きさせる効果のある音を流すことで眠りの質を改善できるという。ただ実際に試してみると、装着をするのが面倒だという問題があったとのこと。

SmartSleepのメーカー希望小売価格は税別42,380円。1月31日までに購入し、2週間試しても睡眠の質に変化を感じない場合には全額返金するというキャンペーン(PDF)も2月14日まで実施している。なお、使用するには十分な睡眠時間をユーザー自ら確保する必要があるようだ。

すべて読む | idleセクション | ハードウェア | idle | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
P&G、スマート紙おむつシステム「Lumi by Pampers」を発表 2019年07月20日
睡眠追跡アプリが不眠症の原因になるという話 2019年06月14日
ポケモンの新作アプリは「ポケモンSleep」 2019年05月30日
よく寝ると報酬がもらえる「睡眠報酬制度」を導入した企業 2019年03月18日
Ford Europe、カップルの安眠を保つベッド「Lane-Keeping Bed」を開発 2019年02月16日
Netflixの最大の競争相手は睡眠ではなくYouTube 2018年12月14日
厚生労働省、適切な睡眠時間を確保するよう呼びかけ 2018年09月15日
心臓にとって最適な睡眠時間は6~8時間、多すぎても少なすぎてもリスク増 2018年08月31日
休日の「寝だめ」は死亡リスクを下げるという調査報告 2018年05月30日
国土交通省、トラックやバス運転手への事業者による睡眠状態確認を義務化 2018年05月17日
睡眠時間の短さと寿命の短さには相関がある 2017年09月29日
アフリカゾウは1日に2時間しか眠らない 2017年03月05日
健康成人の必要睡眠時間は平均8.41時間という実験結果、「自覚していない睡眠不足」による悪影響も確認される 2016年10月31日