フィリピンの送電網管理企業には中国資本が入っており、そのため中国政府の指示でシステムが停止されられる可能性がある、との懸念が出る

フィリピンの送電網を管理する企業NGCPには中国資本が入っており、その結果フィリピンの送電網は中国政府の支配下にあるという内部報告書があるという話が報じられている(CNN共同通信)。

NGCPは電力インフラの民営化によって2009年に生まれた企業で、中国の国家電網が株式の40%を保有している。

NGCPが持つ送電網の主要素は中国人技術者のみがアクセスできるため、中国政府の指示によって動作を停止させることも可能だという。

すべて読む | ハードウェアセクション | 電力 | 中国 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
中国がカンボジアの総選挙に対しネットなどでの工作を行っているとの疑惑 2018年08月22日
ウイグル族弾圧に使われる監視技術を世界に輸出する中国 2019年12月18日
メキシコ、中国企業が落札した高速鉄道建設を契約取り消し 2014年11月12日
ウィキペディアで中国が編集攻撃を強化 2019年10月11日
インド、人気動画共有アプリ「TikTok」のダウンロードを禁止 2019年04月24日