Google、アプリ内の無料アイコンテーマダウンロード機能を不正広告としてストアから削除

GoogleがAndroid向けのファイル管理アプリ「FX File Explorer」(Googleキャッシュ)が備える無料アイコンテーマダウンロード機能を不正広告と判断し、Google Playから削除したそうだ(Android Policeの記事XDA Developersの記事9to5Googleの記事SlashGearの記事)。

このアプリは500万回以上インストールされ、評価も4を超える人気アプリだが、開発者のNextApp, Inc.はある日突然「虚偽の広告」ポリシー違反により削除したとの通知を受け取ったという。

虚偽の広告だと指摘されたのはテーマ設定画面で、無料アイコンテーマ「FX Faenza Icon Theme」をPlayストアで表示する「Go to Store」ボタンとスクリーンショットを表示する「Screenshot」ボタン、あとはアイコンテーマの説明が書かれているだけのものだ。Googleのデベロッパーポリシーセンターでは、ヘルプボタンを装って外部のリンク先ページに移動する広告と、システム通知を装って「ウイルスに感染している」などと虚偽の情報を表示する広告が虚偽の広告の例として挙げられている。

しかし、テーマ設定画面の各ボタンはに記載通りの機能が割り当てられ、虚偽要素はない。アイコンテーマを公開しているのもアプリ本体と同じくNextAppであり、これが広告といえるかどうか微妙でもある。開発者はすぐに異議を申し立てたそうだが、現時点でアプリは復元されていない。なお、削除されたのは無料版のFX File Explorerのみであり、有料版やFX Faenza Icon Themeは引き続き公開されている。

すべて読む | ITセクション | Google | バグ | 広告 | デベロッパー | Android | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Googleがセキュリティ企業3社と提携し、Google Playストアでのマルウェア公開を防ぐ「App Defense Alliance」を発表 2019年11月12日
Google Playでダウンロード1億回を超えるアプリにマルウェアが混入 2019年08月30日
Google Play、アプリが子供をターゲットにしたものではないことを示す警告ラベルの表示が始まる 2019年07月20日
Google Playから削除された人気アプリの偽物、Google Playに登場 2019年07月10日
Google、拡張機能のデータアクセス制限強化などのChromeウェブストアポリシー変更を発表 2019年06月06日
ES File Explorerなどが規約違反としてGoogle Playから削除される 2019年05月08日
Google Play プロテクトのマルウェア検出性能は向上していないのか? 2019年04月27日
広告SDKを通じてアドウェアに感染した200本以上のアプリがGoogle Playで見つかる 2019年03月19日
Google曰く、昨年Google Playで登録申請を却下したアプリは前年比55%増 2019年02月17日
Google、Android端末メーカーへのアプリ有料提供など、欧州での新ライセンスオプションを発表 2018年10月20日