カセットテープに鉛筆さしてクルクルしたことある人、集合!

アップル社がサービスを開始したゲームの定額配信サービス「Apple Arcade」で配信されているパズルゲーム『Assemble with Care』を紹介します。(文:ニュー侍)

本を読んでいる感覚で楽しめるパズルゲーム。


スマホの名作パズルゲーム『モニュメントバレー』を手がけたスタジオの壊れた物を直すパズルゲーム。壊れた物ひとつひとつに使っていた人の思いが詰まっています。その思いのためにもあなたの手で物を直しましょう。


本作の物語は小説のように読み進められます。掲載されている絵は物語の雰囲気に合っているもの。テキストについては音声も流れますが英語です。英語の学習にもなるかもしれませんね。


最後まで読み進めると「開く」というボタンがあるので、タップしてみるとカバンが開きます。


物語の主人公が持ち歩いているもので、それぞれについて説明してくれます。修理屋さんとしての商売道具も入っていました。


ここからは本作のパズルについて見ていきましょう。

パズルの目的は壊れた物を直すことです。用意されている道具を使ってひとつひとつを直していきます。ここではカセットテープのテープが伸びているのと、カセットプレイヤーに問題がありそうです。


カセットテープは鉛筆を使って直します。昔はよくやっていたなぁと思い出しました。今はデジタル配信が一般的ですが、昔はカセットテープにレンタルしたCDを録音なんてことをしてましたね。


カセットテープ、カセットプレイヤーが直ったらカセットをカセットプレイヤーにセットして再生しましょう。80年代の音楽を意識したオリジナルサウンドが流れます。アンティークな世界観が楽しめますよ。


全ての作業が完了すると、そのお話は終わりとなります。次の物語へ。それぞれの物への思いを読み、あなたの手で物を直しましょう。


アンティークな音楽で世界観を楽しみながらパズルを解けた。

最初にアプリを起動した時、カセットテープとカセットプレイヤーが表示されました。一般的なゲームと同じで起動画面みたいな感じなのかなと思いましたが・・・


その後、出てきたのはヘッドホンとカセットプレイヤーでケーブルをつなげるようにとのチュートリアル。いざ、つなげてみると音楽が流れてゲームの世界が始まったと感じました。音楽はアンティークな感じで聞いていて気持ちいいので、イヤホンなどをしながらプレイするのがおすすめです。


パズル部分ではひとつひとつの動きが細かくできており、実際に物を修理している感覚でプレイできました。ちょっとした時間にプレイできるのも魅力のひとつですね。自分のペースでチャレンジしてみてください。

Apple Arcadeには他にもたくさんのゲームが配信されていますが、本作は注目作なのでぜひプレイしてみてくださいね。

Apple Arcade公式サイトはこちら
Apple Arcade /Apple(日本)

Assemble with Care ・販売元: ustwo Games Ltd
・掲載時のDL価格:
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 0.0 MB
・バージョン: 1.1.4
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

© ustwo Games Ltd