経済難が「無意識の差別」を加速させることが明らかに

不景気や事業の低迷などに直面すると、企業は従業員の数や給料を削減する必要に迫られます。その際の判断基準は従業員の人種や顔ではなく成績や能力に応じて行われるべきですが、最新の研究により「経済難に見舞われると、無意識の差別が助長されてしまう」ことが明らかになっており、能力に関係なく不利益を被る人がいる可能性が示唆されています。

続きを読む...