糖尿病治療薬を減量目的で使用するのは危険

Anonymous Coward曰く、

「サクセンダ」「ビクトーザ」などの製品名で知られる「遺伝子組み換えリラグルチド」という2型糖尿病治療薬を濫用したダイエット手法が出現し、「GLP-1ダイエット」といった名前で宣伝されているようだ(Togetterまとめ)。

この物質は日本では肥満症の治療薬として承認されておらず、アメリカ病院薬剤師会が公開している専門家向けの文書には、発がん性の可能性などの注意とともに「体重と運動量管理が行き届いていない患者に対する第一選択としては推奨されない」と記されている。

すべて読む | 医療 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
糖質制限されたマウスは寿命が約2割短くなったという実験結果 2019年05月21日
ダイエット飲料を飲むと脳卒中や認知症になりやすい? 2017年04月27日
約1Lの塩水を10〜20分で飲み干す偽ダイエット法「塩水洗浄」「ソルトウォーターバッシング」がネットで広まる 2017年02月07日
体に微弱電流を流す「ラジオ波ダイエット」、摘発される 2016年05月27日
糖質制限ダイエットの第一人者、突然の心不全で急逝 2016年02月16日