優勝賞金500万円のパズドラ大会優勝者、中学生という理由で賞金は支払われず

スマートフォン向けゲーム「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」の賞金制大会「ドラゴンブーストpresentsパズドラチャンピオンズカップTOKYO GAME SHOW 2019」で優勝した選手が15歳未満の中学生だったため、賞金が支払われなかったそうだ(GAME Watch日経xTREND

この大会は日本eスポーツ連合(JeSU)の公認プロ選手が出場できる大会で、500万円の優勝賞金が設定されていたが、JeSUのプロライセンス規約(PDF)では「13歳以上15歳以下で義務教育課程を修了していない者」については「ジュニアライセンス」という扱いになり、「賞金を受領する権利を放棄するもの」とされている。そのため賞金が支払われないことになったようだ。規約では賞品については受け取れるとされており、これに従って賞金以外の副賞については進呈されたとのこと。

なお、日本では各種プロスポーツや囲碁・将棋などにおいて未成年のプロ選手が賞金を受け取ることについては法的な問題はないという。またJeSUの規定についても強制力はなく、今回優勝賞金が支払われなかったのは大会運営者の方針によるものだそうだ。

すべて読む | ゲーム | お金 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
eスポーツ大会の賞金は条件を満たせば景品表示法の対象外との政府見解が出る 2019年09月13日
FPS「レインボーシックス シージ」の国際大会、日本チームは優勝しても賞金を受け取れないと運営が明記 2017年08月03日
消費者庁、eスポーツの賞金制大会について景表法の規制対象と回答 2016年09月14日
公立高校のeスポーツ部はアリなのか 2019年03月12日
国体に合わせて「全国都道府県対抗eスポーツ選手権」が開催される 2018年12月30日