AmazonのスマートスピーカーがDVを通報したとされる事件、問題のスマートスピーカーには通報機能はなかった?

2017年、米国でいわゆるDV(ドメスティックバイオレンス、家庭内暴力)行為を行った男性が、その声に反応したAmazonのスマートスピーカー(Amazon Echo)によって通報が行われて逮捕される事案が発生した(過去記事リアルライブDaily Dot)。

報道によると、この男性はガールフレンドに対し暴行を行った際に「Did you call the sheriffs?」(警察を呼ぶか?)と(警察を呼んだらさらに酷いことをするぞ、という意味で)挑発したという。これに対しAmazon Echoが反応して911(日本の110番に相当する電話番号)に通報が行われ、駆けつけた警察によって男性は逮捕されたそうだ。

ところが、実際にはAmazon Echoの備える通話機能では警察への通報は行えず、なぜこんなことになったのかが分からないという話が出ている(Insider)。

Amazon側もこの事件について「そんなことは起こりえない」と反応しているという。Amazon Echoには通話機能はあるものの、通話できる対象は別のAmazon Echoデバイス、もしくはAlexaアプリがインストールされたデバイスのみで、一般の電話番号に電話をかける機能は無いそうだ。そのため、誰が通報を行ったのかは不明のようだ。

すべて読む | ハードウェアセクション | 犯罪 | ハードウェア | ニュース | スラッシュバック | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
スマートスピーカーが銃を持ち出しての口論を警察に通報 2017年07月14日
AppleのHomePod、日本でもようやく発売へ 2019年07月11日
米Amazon.com、スマートスピーカーなどから収集した音声やそれをテキスト化したデータの保存期限は無期限と回答 2019年07月05日
Amazon Echoの音声アシスタントAlexa、今度は突然謎の音声を再生するトラブル 2018年07月10日