聴覚をつかさどる細胞を形成するタンパク質が特定される、聴覚障害治療に新たな可能性か

ジョンズ・ホプキンス大学医学部の研究チームが、それぞれタンパク質の一種である「アクチビンA」と「フォリスタチン」が聴覚をつかさどる有毛細胞の形成に関係していることを発見しました。今回の発見は、聴覚障害を持つ人々の治療に新たな可能性を切り開くものとみられています。

続きを読む...