米サンダース議員、大統領に当選したら「地球外生命体に関する全情報を開示する」と述べる

2020年11月に行われる米大統領選挙への出馬を表明している民主党のサンダース上院議員が、氏が大統領に選ばれた場合に政府が持つ地球外生命体に関するすべての情報を開示すると述べた(CNN)。

2016年には同じく民主党のヒラリー・クリントン氏も、公約としてUFOやエリア51の真相を公開することを挙げていた。

すべて読む | サイエンスセクション | 政治 | 宇宙 | アメリカ合衆国 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
英国人の56%、地球外に移住するなら月がいい 2016年11月26日
米大統領選を目指すヒラリー・クリントン氏、公約として「UFOとエリア51の真相を洗いざらい公開」を掲げる 2016年01月07日
CIAが「エリア51」の存在認める 2013年08月20日
エリア51はどのようにソ連の監視衛星から航空機を隠したか 2011年05月28日
「ナルト走り」でエリア51突入FBイベントに130万人が参加表明、米空軍は警戒 2019年07月23日