日本政府「フッ化水素、海外工場からの迂回輸出も遮断した」 韓国パニック状態!

サムスンがフッ化水素の在庫探しに奔走した結果何を得たかと、それにより日本政府が対策を取ったことが韓国メディアで報道されているようだ。どうやらサムスンは日本企業の海外工場からこっそりと在庫を確保して持ち帰ったそうだ。これを問題視した日本政府が正式に海外経由ルートを遮断したという。サムスンやSKハイニックスは米国や中国に工場を持つが、それらの海外工場に置いてある在庫の導入も何らかの方法で阻止したもようだ。 「日本政府、輸出規制品目のエンドユーザー確認…第3国経由も遮断」 7/17(水) 10:08配信 中央日報日本語版  日本が半導体核心素材3品目の対韓国輸出規制を強化した中、日本政府が半導体・ディスプレー製造用素材の流通段階で最終終着地「エンドユーザー」を確認して対韓国輸出を統制すると、京郷新聞が17日報じた。  メディアによると、このためサムスン電子とSKハイニックスは高純度フッ化水素(エッチングガス)、フォトレジスト(感光剤)、フッ化ポリイミドなど国内直輸入がふさがった素材の「第3国経由の迂回輸入」も難しいという結論を出した。  半導体製造工程の核心素材に対する輸出規制が長期化すると予想される中、検討されてきた代案までも阻まれた状況だ。サムスン電子とSKハイニックスはステラケミファのような日本企業の台湾・シンガポール工場からエッチングガスを購入する方法も考慮したが、これも日本政府の追跡のため不可能と判断していると、京郷新聞は伝えた。  半導体業界の関係者は16日、京郷新聞を通じて「日本政府が輸出規制品目のエンドユーザーをチェック中と聞いている」とし「最終用途を細かく確認するということであり、規制品目を海外工場経由で国内に輸入するのも難しくなった」と明らかにした。別の関係者も「日本から『エンドユーザーが誰かを明示しなければいけない』という話を聞いた」とし「迂回輸入もできないだろう」と話した。  サムスン電子は米テキサス州オースティンと中国西安に、SKハイニックスは中国無錫に半導体工場を保有する。両社は日本が半導体核心素材の韓国直輸出を遮断すると、これら海外工場を通じて確保した物量を韓国に導入し、生産への支障を防ぐ方法を検討してきたことが分かった。  しかし最近、サムスン電子が日本企業の海外生産基地から一部の物量を調達した事実が伝えられ、日本政府がこれも遮断したと解釈される。 hps://headlies.yahoo.co.jp/hl?a=20190717-00000016-cippou-k