Apple、iPhoneの速度低下を招くiOSアップデートを提供する場合は事前に告知すると英競争・市場庁に約束

英競争・市場庁(CMA)によると、AppleがiPhoneのパフォーマンスに影響を与える可能性のあるiOSアップデートを提供する場合、ユーザーに事前告知すると約束したそうだ(CMAのニュース記事SlashGearの記事Softpediaの記事)。

Appleは2017年、バッテリーの劣化したiPhoneのパフォーマンスを絞って予期せぬ電源断を防ぐ機能をiOSアップデートで追加したが、事前に告知を行わなかったため、故意に製品寿命を短くしてアップグレードを促進するのが目的ではないかといった疑惑を呼ぶ結果となった。その後Appleは謝罪し、バッテリー交換料金の値引きを1年にわたって実施した。この件についてCMAでは、ユーザーがパフォーマンス低下の原因を知らなかったために修理や買い替えをした可能性や、バッテリーの健康状態に関する情報を簡単に得る手段がないことを問題視していたという。

今回のCMAの発表は、パフォーマンスへの影響があるアップデート提供時に必ず事前告知することをAppleに公約させるものになるとのこと。また、Appleはバッテリーの健康状態と予期せぬ電源断に関する情報を、バッテリーの劣化を最小に抑える方法とともに提供することも約束したそうだ。

すべて読む | アップルセクション | 英国 | 電力 | アップル | iOS | iPhone | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
2018年第4四半期、iPhoneの売上は前年比15%減 2019年02月03日
iPhoneバッテリー交換プログラム、慢性的に予約枠に空きがないまま終了日迫る 2018年11月30日
Apple、減額前の料金でiPhoneのバッテリーを交換したユーザーに差額を返金 2018年05月26日
バッテリーの劣化したiPhoneのパフォーマンス低下問題、米当局が証券法違反の可能性を調査 2018年02月04日
すべてのiOSに署名するようAppleに求める署名運動 2018年01月26日
Apple、iPhoneの意図的な低速化を無効にできるアップデートを提供することを明らかに 2018年01月24日
フランス、バッテリーの劣化したiPhoneのパフォーマンス低下問題について検察が事前調査を開始 2018年01月14日
バッテリー交換料金の値引きでiPhone販売台数が減少する可能性 2018年01月07日
Apple、バッテリーの劣化したiPhoneのパフォーマンス低下問題に謝罪 2017年12月30日
バッテリーの劣化したiPhoneのパフォーマンス低下問題、米国でクラスアクション訴訟の提起が相次ぐ 2017年12月25日
Appleがバッテリーの劣化したiPhone 6/6sシリーズのパフォーマンスを絞っているという疑惑 2017年12月15日