中央ノッチ搭載なGalaxy Note10の予測レンダリング登場 Galaxy S10の進化形に?

韓国サムスンによる今年後半の投入が期待されているスマートフォン「Galaxy Note10」の予測レンダリング画像が、海外から登場しています。中央にパンチホールを設けたスマートフォンの姿は、これまで見たことがありません。 著名リークアカウントのBen Geskinがリーク情報に基づき制作した、今回の画像。こちらはフロントディスプレイのパンチホールにデュアルカメラを搭載した場合のレンダリング画像で、Geskin氏はシングルフロントカメラの予測レンダリングも投稿しています。 Single hole punch version pic.twitter.com/WJGTWaqyyU - Ben Geskin (@BenGeskin) 2019年5月20日 現行モデルとなる「Galaxy Note9」では、カメラは上部ベゼル内に配置されています。しかし中国系著名リークアカウントのIce universe氏は「(コードネーム:Da VinciことGalaxy Note10では)フロントカメラとリアカメラの位置が変更される」と報告。さらに同氏はGalaxy Note10は左右対称だとも言及しており、中央パンチホールの実現が期待されているのです。 さらに、背面カメラはGalxy Note9や「Galaxy S10」とは異なり垂直での配置が想定されています。また指紋認証センサーが見当たらないことから、こちらはGalaxy S10と同じくディスプレイ指紋認証機能の採用を予測しているのかもしれません。 Galaxy Note10ではその他にも、新型ストレージ規格「USF 3.0」の採用や、さらなる大容量バッテリーの搭載が期待されています。例年Galaxy NoteシリーズはSシリーズの進化モデルとしてリリースされていることから、今回の予測レンダリングのような意欲的なデザインが採用されてもおかしくはなさそうです。