2018年・軽トラ販売台数トップはダイハツ・ハイゼット

あるAnonymous Coward曰く、

2018年、軽トラックは約18万台販売されているという(ベストカーWeb)。スラド民の様に、都会(東京)のちゃらちゃらしたお仕事なら兎も角、田舎で働くおじさんの下駄=軽トラではまだまだMTが主流。軽トラでお仕事する可能性があるなら、MT免許を取っておくべし。

軽トラック販売台数第1位はダイハツ・ハイゼットで、2018年の販売台数は7万9123台だそうだ。また、最近の軽トラックは自動ブレーキ機能を搭載するものもあり、カラーバリエーションも豊富になってきているという。人気があるのはMTで4WDという構成だそうだ。

すべて読む | 交通 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
生産中止が話題になった林業向けトラック、日野自動車が試作車両の開発へ 2017年02月02日
林業で使われているトラックが相次いで生産中止に、排ガス規制が影響 2016年12月22日
三菱が軽トラック EV 発売へ 2012年05月09日