新元号発表に乗じたスパムメールや政府の情報漏れ対策をまとめてみた

2019年4月1日、日本政府は5月1日に改元される新元号「令和」を発表しました。ここでは新元号発表に乗じたスパムメールや関連する騒動についてまとめます。

1.新元号発表に乗じた偽キャンペーンメール

  • NTTドコモやソフトバンクで新元号発表に絡めた偽案内メールが出回っている。


  • メール文中にリンクの記載があり、そのクリックを誘導させるもの。
件名 本文
□新元号に伴い料金改正のお知らせ docomoよりお知らせ
5月1日に新元号が発表されdocomoは生まれ変わります。
それに伴い新プランへの移行となりますので
ご自身の今のプランがどのように変更されるかお確かめください。

オフィシャルページ(ハイパーリンク)
プレスリリース2019年 新元号4月1日11時半に発表。
それに伴い、ソフトバンクより全額キャッシュバックキャンペーンを実施。下記フォームよりご確認願います。
[ハイパーリンク]
■新元号発表に伴いキャッシュバックスタート 新元号4月1日11時半に発表。
それに伴い、ソフトバンクより全額キャッシュバックキャンペーンを実施。下記フォームよりご確認願います。
[ハイパーリンク]
  • 確認した範囲では地震直後やPayPayのキャンペーンでも見られた当選詐欺のページへ誘導される。

f:id:piyokango:20190402061214p:plain

f:id:piyokango:20190402061229p:plain
誘導される当選詐欺のページ

  • ソフトバンクは偽メールへの注意を呼びかけ。


  • 直前に同様の偽案内メールがまかれていたため、これに新元号ネタを含めたとみられる。




2.政府の発表前の情報漏れ対策

関係者から新元号に関する情報が発表前に漏れることを懸念し、以下の対策がとられていた。
結果的に官房長官発表より先行して報じる記事はなかった。

報道スクープへのけん制
  • 報道各社に対して事前に報道された場合は差し替えを行うと説明。
首相官邸(元号に関する懇親会、閣僚会議)
  • スマートフォン、携帯電話は原則持ち込み禁止。
  • 携帯機器を持ち込む場合は政府職員が預かり官邸内別室で保管。
  • 官房副長官が配布した説明資料は回収。
  • 改元される元号以外の情報も戒厳令。
  • 有識者会合などが開かれる部屋で妨害電波による電波遮断措置(廊下でも通話不可)
  • 新元号発表まで有識者、閣僚を部屋で待機(昼過ぎに解放)
  • 大臣秘書官は閣僚同席が許可されず別室で待機
  • トイレには政府職員が同行
  • 机の裏、植木鉢への盗聴器の確認*1
衆院議長公邸(衆参両院正副議長への意見聴取)
  • 意見聴取は当初予定されていた国会から衆院議長公邸で行われた。
  • 衆参両院議長は携帯電話を持ち込んでいた。*2
  • 当日も電話が鳴っていたものの議長が電話に応じることはなかった。
  • 携帯電話を入れたカバンを秘書官に預けていた。
  • 政府からの保秘協力の要請に対し、前提(情報漏らす)の苦言を呈していた。*3
  • 衆院副議長が行政府が立法府の拘束を行うという行為に反発し面会要請も拒否していた。
  • 副議長の苦言に対して官房長官は保秘協力の要請を撤回し謝罪。
  • 聴取後は正副議長4人で「食事をする」という自主的にとどまりにより政府への協力とした。
  • 新元号発表から9分後に衆院議長公邸から外に出た。
当日の政令作成作業
  • 内閣官房副長官ら数人で作業を行った。
  • 決裁権者は首相、官房長官、官房副長官らに限定。
  • 政令事前審査も首相官邸に関係者を呼び行われた。
  • 元号法所管の内閣総務課は新元号書き込みの段階で外された。
元号の書が書かれた額縁掲示の練習
  • 前日に官房長官は額縁掲示の練習を繰り返し行っていた。
  • 練習時間は十数分にわたったと報じられている。
  • 前日の練習では額縁を受け取る際に記者から見える事態が繰り返された。
  • 発表当日は「令」の字が一瞬確認された。
自民党との情報共有
  • 発表後に安倍首相らが自民党幹部へ電話で連絡した。
昭和・平成発表時に起きた問題
  • 昭和改元時に東京日日新聞(現在の毎日新聞)が事前に「光文」と報じ混乱が生じたことによる。(光文事件)
  • 平成改元時に毎日新聞が発表35分前に新元号の情報を入手していた。

3.首相官邸Webサイト、ドメイン販売サイトで一時接続障害

f:id:piyokango:20190402061948p:plain

  • ドメイン販売サイトも新元号に絡めたものを取得する動きが活発化したのか一時的に接続しづらい状態が発生していた模様。*5
  • 新元号発表の中継放送の視聴数は以下の通り。
チャネル 視聴数
首相官邸公式Twitter 約10万人(直前)
約46万人(発表の瞬間)
首相官邸公式Youtube 約21万人

4.号外配布巡って大混雑発生

  • 新元号発表を報じる号外をめぐって奪い合いの騒動が発生。*6
  • 一部新聞社の号外はPDFでも閲覧することが可能。
新聞社 号外
読売新聞 100万部印刷、10か所で配布だがPDFでの公開確認できず
毎日新聞 新元号「令和」
朝日新聞 全国46都道府県主要駅近辺で配布もPDFでの公開確認できず
産経新聞 【産経新聞号外】新元号は「令和」と決定
【産経新聞号外】つないだ元号の歴史
東京新聞 新元号 5月1日から
信濃毎日新聞 「令和」新元号決まる
千葉日報 新元号「令和」
神戸新聞 令和 新元号、5月1日施行
日本経済新聞 号外確認できず
  • フリマサイトでは2019年4月2日時点で数百円~千円程度で号外が売られている。

f:id:piyokango:20190402061121p:plain
メルカリで「号外」を検索した様子

更新履歴

  • 2019年4月2日 AM 新規作成
  • 2019年4月2日 PM 政府の対策を追記