JAXAの超高速インターネット衛星「きずな」が運用終了

あるAnonymous Coward曰く、

JAXAが3月1日、2008年に打ち上げられた超高速インターネット衛星WINDS(きずな)の運用終了を発表したITmedia)。

打ち上げ直後はスラドでも結構話題になっていましたが、結局その後どうなんでしょうか?

2月9日6時36分ごろからきずなとの通信ができない状態となっており、その後通信を試みるも復旧しないことから地上からの運用は不可能と判断、2月27日15時54分に送信機とバッテリーを停止するコマンドを送信、運用を終了した。

きずなの設計寿命は5年だったが、これを大きく超えて運用が継続されており、東日本大震災の災害対策支援などでも活用されていた。

すべて読む | サイエンスセクション | JAXA | サイエンス | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
今年も「きずな」経由でメールが届く 2011年12月16日
「きずな」、災害対策支援のための準備を開始 2011年03月18日
超高速インターネット衛星「きずな」によるブロードバンド実験、最大約86Mbpsを記録 2009年12月02日
衛星経由で届くクリスマスメール 2008年12月08日
H-2A 14号機打ち上げ 2008年02月24日
超高速インターネット衛星「きずな」打ち上げ延期 2008年02月15日