はやぶさ2、2月22日朝にリュウグウ着地へ

JAXAの小惑星探査機「はやぶさ2」が21日、小惑星リュウグウへの降下を開始した。22日朝にはリュウグウへのタッチダウン(着地)を行う計画だ(ライブ中継告知リアルタイム航法画像運用状況)。

タッチダウン運用に先立って、サンプル採取装置の動作確認試験が12月28日に行われている。はやぶさ2のサンプル採取装置は小惑星の表面に弾丸を打ち込み、舞い上がるサンプルを受動的に捕集する仕組み。打ち上げ前の予測と異なり、リュウグウの表面は礫で覆われていることが判明したため、実際にどの程度のサンプルが採取できるかの確認が必要だった。減圧下でリュウグウの土壌を模したターゲットに弾丸を打ち込んだところ、砕けた礫の破片が周囲の礫を連鎖的に砕き、想定以上のサンプル量を放出できることが確認されたそうだ。

はやぶさ2はターゲットマーカーの着地場所に近いL08-E1という幅6mほどの領域にタッチダウンする。はやぶさ2の全長は6mであり、非常に精密な航法誘導が必要になるが、より広い地点(L08-B1)はターゲットマーカーから遠く、誘導精度が悪くなるため、L08-E1を選択したとのこと。タッチダウン運用にあたり、宇宙科学研究所(ISAS)の管制室からライブ中継(JAXA TVYouTube)が行われる。配信は22日6時45分~9時15分頃の予定。タッチダウン予定時刻は8時頃となっている。

すべて読む | サイエンスセクション | JAXA | サイエンス | 宇宙 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
はやぶさ2搭載のMINERVA-Ⅱ2、計画通りの運用が行えない可能性 2018年11月11日
はやぶさ2、着陸リハーサル3回目とターゲットマーカの投下に成功 2018年10月27日
はやぶさ2、 MASCOT着陸機の投下も成功 2018年10月05日
はやぶさ2、 MINERVA-Ⅱ1の投下に成功 2018年09月23日
はやぶさ2の着陸リハーサルが始まる、一度目は高度600mで中断 2018年09月13日
小惑星リュウグウ、現時点で水は見つからず 2018年08月14日
はやぶさ2、小惑星「リュウグウ」に到着 2018年06月27日
はやぶさ2、往路のイオンエンジン運転完了、リュウグウ到着は6月下旬~7月初旬の予定 2018年06月05日
はやぶさ2が小惑星「Ryugu」の撮影に初めて成功 2018年03月03日
小惑星探査機「はやぶさ2」の目指す小惑星1999 JU3の名称が「Ryugu」に決定 2015年10月07日
はやぶさ2の目的地、小惑星「1999 JU3」の名称募集中 2015年07月24日
はやぶさ2、打ち上げ成功 2014年12月04日
JAXA、「星の王子様に会いにいきませんかミリオンキャンペーン2」を実施 2013年03月31日