ミズバショウ咲く尾瀬にもau LTE。エリア拡大施策の中にあえて“圏外”を残した事情

全国津々浦々でLTEエリアが整備され、「LTEが入って当たり前」とまで思うほどになった2018年のモバイル通信環境。大手3キャリアの人口カバー率は99%を超えており、人が住むエリアならほぼLTEを使えるまでになりました。 こうした状況下において、エリア化の前線基地は人が住んでいない地域に移りつつあります。例えば3大キャリアの一角であるKDDIは、2017年より尾瀬国立公園のau 4G LTEエリア化に取り組んでいます。