工場内の温度を下げて適温にすることには生産性・利益性を向上させる効果がある

夏のうだるような暑さの中では仕事がはかどらないように、人間には「活動しやすい温度」というものがあるものです。多くの労働者が働く縫製工場の照明設備を発熱が抑えられるものに一新し、工場全体の温度を約2度下げたところ、生産性が向上して工場全体の収益性もアップし、設備投資にかかったコストも半年余りで回収することができたという事例が報告されています。

続きを読む...