シリコンバレーのエリートテック企業の従業員の57%以上が労働環境に苦しむ

あるAnonymous Coward曰く、

シリコンバレーのトップTech企業の従業員、11,487人を対象としたアンケート調査によると、回答者の57.16%が職業的な理由から、燃え尽き症候群に苦しんでいることが判明した。このアンケートは匿名を条件に行われたもので、マイクロソフト、アマゾン、Google、ユーバーなどが調査対象に含まれる。トップテック企業の従業員が使用しているインスタントメッセンジャーを経由して5月12日から5月21日の期間で調査が行われた。

燃え尽き症候群が多いのは金融系サービスのCredit Karmaで70.73%、続いてAmazon系ライブストリーミング配信のTwitch(68.75%)、Nvidia(65.38%)、Expedia(65.00%)、Oath(63.03%)などとなっている。反対に少ないのはNetflixで38.89%、続いてPayPal(41.82%)、Twitter(43.90%)、Facebook(48.97%)、Uber(49.52%)だった。

調査チームは、「NetflixとCredit Karmaの正反対の結果は、ユーザーがこれらの企業について語っていることを反映しているようだ」としている。Netflixは、高い報酬、バランスのとれた時間、支援的な同僚が多く、Credit Karmaは高い評価がある一方で、差別、嫌がらせ、職場の政治などの問題があるとされる。

調査チームは企業は今回の調査を無視するべきではないと警告する。無視した場合、不眠症、うつ病、薬物乱用、冠状動脈性心疾患などの従業員の健康問題が発生し、医療関連の追加費用が発生、生産性が下がり最終的には退社する可能性があるとしている(Bleeping ComputerSlashdot)。

すべて読む | ビジネス | アメリカ合衆国 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
シリコンバレーの社員パーティでは雰囲気を良くするために社員を装った美男美女モデルが派遣される 2017年12月20日
シリコンバレーでは4人に1人が飢えに瀕している 2017年12月19日
シリコンバレーで働く契約社員の間で労働運動が活発化 2017年06月14日
シリコンバレーのCEOはサイコパスが多い 2017年03月22日