Microsoftが秘密にしていたOffice 365用のAPIの存在が明らかになる

Office 365は場所や端末を問わずWordやExcelのファイルを共同編集したり、Outlookでメールを確認したりできることから、ビジネス用途で幅広く使用されています。しかし、アカウントが乗っ取られてしまうことで、機密情報を奪われてしまう可能性もあり、Office 365は便利な反面、セキュリティ被害を受ける可能性が高いという問題がありました。セキュリティ企業LMG SecurityのCEOであるシェリー・ダビドフ氏によると、2018年6月18日に存在が明らかになったAPIにより、その脅威を軽減できるかもしれないとのことです。

続きを読む...