AOL Instant Messengerが微妙な復活

あるAnonymous Coward曰く、

1990年代後半から2000年代前半のインターネット利用視野ならば、AOL Instant Messenger(AIM)を使ったことがある人も多いだろう。一時期は隆盛を誇ったAIMも、さまざまなソーシャルアプリケーションの台頭により、2017年12月15日にサービスを終了した。ところがそのAIMが微妙な形で復活したそうだ。

この新しいチャットサービスは「AIM Phoenix」と呼ばれ、趣味主義者プログラマーによる非営利団体「Wildman Productions」が、プライベートサーバーとダイナミックDNSによって運用するこぢんまりとしたものだという。ソフトウェアは旧来のものをそのまま使用していることから、見た目もまったく同じであるという。

ただしユーザー登録はやり直す必要があるため、旧AIMのユーザーリストなどは使用できない(MOTHERBOARDSlashdot)。

すべて読む | ITセクション | インターネット | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
CompuServe、12月15日でフォーラム機能を終了 2017年11月19日
AOL Instant Messenger、12月15日にサービス終了 2017年10月12日
JabberベースのXMPPがRFCに 2004年10月03日