青函トンネル全線が「圏内」に。ドコモ・au・ソフトバンク、来年3月以降

ドコモ・au・ソフトバンクの3社は、青函トンネル内の全域を携帯エリア化すると発表しました。 北海道新幹線が通る青函トンネル内で現在、携帯電話が利用できるのは避難所の旧海底駅のみ。発表によると、青函トンネルの全域に渡り携帯電話のエリア整備を行い、2019年3月より順次サービスエリアを拡大するとしています。 なお工事には、電波の適正な利用を確保することを目的とした「電波遮へい対策事業」に基づく国の補助金も活用するとしています。