トヨタ、「コネクテッドカー」を市場に投入

トヨタがネットに常時接続する機能を搭載する「カローラスポーツ」および「クラウン」新モデルを発表した(ロイター東洋経済日経新聞マイナビニュース)。

こうしたネット接続機能を備える自動車は「コネクテッドカー」などと呼ばれる。ネットに接続して各種データを送受信することで車両状態の診断や遠隔からの車両監視・ステータス取得、走行実績の収集、事故時の自動通報などが行える。データの収集および収集されたデータの管理はトヨタが行う。

すべて読む | ITセクション | インターネット | IT | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
米国でテスト中のインテリジェント信号システム、1台の車が偽造データを送信するだけで渋滞を引き起こせる 2018年03月14日
トヨタ、収集した自動車の運転データを保険会社に提供へ 2017年11月13日
日産、NASAの技術を応用して自律走行車を安全に誘導する「シームレス・オートノマス・モビリティ」を発表 2017年01月09日
BMWを盗んだ泥棒、遠隔からの位置追跡機能とドアロック機能によって捕まる 2016年12月08日
トヨタとKDDI、車載通信機器向けの「グローバル通信プラットフォーム」構築へ 2016年06月11日