インド準備銀行、来年6月までに全ATMのOSをサポートが継続されているバージョンにアップグレードするよう勧告

headless曰く、

インドの中央銀行であるインド準備銀行(RBI)は21日、インド国内の商業銀行やホワイトラベルATMを運営するノンバンクなどに対し、Windows XPなどサポートの終了したOSを使用しているATMのOSを2019年6月までにアップグレードするよう勧告した(インド準備銀行の通知SoftpediaRegister)。

RBIではサポートの終了したOSをATMで使い続けることの危険性に懸念を示し、以前から銀行にアドバイザリーを出していた。しかし、なかなか対策が進まないことから、対策のタイムラインを含む勧告を出すことになったようだ。

タイムラインでは2018年9月までに25%以上のATMをサポートされるバージョンのOSにアップグレードするよう求めている。以降、2018年12月までに50%以上、2019年3月までに75%以上となり、2019年6月までにすべてのATMをアップグレードする必要がある。

このほか、BIOSパスワードの設定やUSBポートの無効化、オートラン機能の無効化、最新の更新プログラムの適用、ATM管理機能へのセキュリティ対策などを2018年8月までに、スキミング防止やホワイトリスティングなどの対策を2019年3月までに実施するよう求めている。

すべて読む | ITセクション | アップグレード | セキュリティ | OS | IT | お金 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
SteamのWindows XP/Vistaサポート、年内で終了 2018年06月17日
英消費者保護団体、Windows 10の更新で発生する問題への対応改善をMicrosoftに求める 2018年06月15日
ロンドン警視庁、ついにWindows XPからの移行が完了へ 2018年01月26日
Windows 8.1のメインストリームサポートが終了 2018年01月12日