HTC旗艦スマホ「U12+」SIMフリーで7月20日発売、おサイフ・防水と日本仕様が充実

HTCは、同社のフラグシップスマートフォン「HTC U12+」をSIMフリーモデルとして国内投入します。日本向け仕様としておサイフケータイにも対応します。 (端末画像はグローバルモデル) HTC U12+の主な仕様は、6.0インチ 2880 x 1440液晶ディスプレイ(アスペクト比 18:9)、Snapdragon 845プロセッサ、6GB RAM、128GBのストレージ容量など。バッテリー容量は3500mAh、IP68の防水防塵にも対応します。 前後に2つづつ、計4つのクアッドカメラも特徴の1つ。背面カメラは12MP(標準) f/1.75 + 16MP(望遠) f/2.6のデュアル仕様。フロント側も8MP +8MPのデュアルカメラを搭載します。 HTC U11で特徴的だった握って操作するEdge Senseは、Edge Sense 2となり、単に握るだけでなく、握ったままホールドや、片側のみのタップ、ダブルタップなどの操作にも対応しています。 本体サイズは156.6 x 73.9 x 8.7mm、重量は188g。カラーは、筐体カバーが半透明なトランスルーセントブルー。およびセラミックブラック、フレームレッドの3色展開です。 発売は7月20日を予定、想定実売価格は税別9万5000円となっています。