有名企業の主催を装った偽キャンペーン、相次ぐ

実在しない虚偽のキャンペーンへの勧誘や、これに関連した個人情報の提供を求めるような動きがあるとして花王やフジッコ、サントリーなどが注意喚起を行っている(花王の注意喚起ページフジッコの注意喚起PDFサントリーの注意喚起ページ)。

そのほか、マルハニチロや西友、山崎製パン、キリン、森永、クラシアン、伊藤園、カゴメなど、多数の企業が先月から注意喚起を行っているようだ(セキュリティ通信)。

よく読むと内容や文章に不審な点があるケースも多いようで、注意したい。

すべて読む | ITセクション | インターネット | IT | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
「.com」のミスタイプを狙う「.cm」サイト、今年だけで1,200万回近くアクセスされていた 2018年04月08日
Apple、偽レシートメールの識別法を解説 2018年03月04日
Essential、フィッシングメールのような通知を顧客に送り、さらに返信内容を他の顧客へ転送するトラブル 2017年09月02日
Google Docsのドキュメント共有を装ったフィッシング攻撃が発生 2017年05月05日