「眠気の正体」ついに判明 神経細胞のたんぱく質が変化:朝日新聞デジタル

「眠気の正体」ついに判明 神経細胞のたんぱく質が変化:朝日新聞デジタル

「眠気の正体」ついに判明 神経細胞のたんぱく質が変化:朝日新聞デジタル

眠気の正体は神経細胞の80種のたんぱく質群の変化であることを、筑波大などのグループがマウスの実験で突き止めた。このたんぱく質群は起きている間は「リン酸化」と呼ばれる現象が進み、眠ると元に戻る。この現象が神経細胞の疲弊と回復に関わっているらしい。論文は英科学誌ネイチャー電子版に掲載された。 これまで...

はてなブックマーク - 「眠気の正体」ついに判明 神経細胞のたんぱく質が変化:朝日新聞デジタル はてなブックマークに追加