「パーカー対フルック訴訟」から始まったソフトウェア特許の歴史

1970年代、アメリカの裁判所は「ソフトウェアは数学的な物であり、数学に特許を与えることはできない」と判断しており、ソフトウェアで特許を取得することができませんでした。しかし、1978年のパーカー対フルック訴訟によって、ソフトウェア特許の一つのステップが刻まれたことで、ソフトウェア特許の認定に道筋が与えられることになりました。このパーカー対フルック訴訟から2018年現在に至るまでのソフトウェア特許について、Ars Technicaが迫っています。

続きを読む...