フィクションにおける南極の歴史

フィクションにおける南極の歴史

古代 「古のもの」降り立つ。最初の都市は南極に建設され、その地は聖地とされ以後も文明の中心地だった。食用、労働力になる最初の生命ショゴスを創造する(クトゥルフ神話) アダムを乗せた「白き月」が南極大陸に落ちる(新世紀エヴァンゲリオン) 約2000万年前 宇宙から飛来したUFOが南極へと落下(影が行く) 約10万年前 宇宙から飛来したUFOが南極へと落下(遊星からの物体X) 紀元前2000年頃 プレ...

はてなブックマーク - フィクションにおける南極の歴史 はてなブックマークに追加