「相対的貧困」の何が問題なのか? 実感なき数字を、それでも課題視するわけ(湯浅誠) – 個人 – Yahoo!ニュース

「相対的貧困」の何が問題なのか? 実感なき数字を、それでも課題視するわけ(湯浅誠) - 個人 - Yahoo!ニュース

「相対的貧困」の何が問題なのか? 実感なき数字を、それでも課題視するわけ(湯浅誠) - 個人 - Yahoo!ニュース

実感なき数字 「7人に1人」 と言われる、日本の子どもの貧困。 マスメディアで繰り返し出てくるこの数字を知っている人は多い。 しかしそれは 「知識として」 知っているのであって「実感をもって」知っているのではない。 「1600年、関ヶ原の戦い」みたいなもの 。 テストされれば正解は書けるが、そこに実感が伴っているかといえば、そうではない。 「そんなにいるかなあ…?」というのが正直なところ だと思う...

はてなブックマーク - 「相対的貧困」の何が問題なのか? 実感なき数字を、それでも課題視するわけ(湯浅誠) - 個人 - Yahoo!ニュース はてなブックマークに追加