[ITmedia エグゼクティブ] 「目玉おやじ」のような小さな賢いキャラクターが助けてくれる――ロボットの未来はそんな感じ

テクノロジーにより、合理化、効率化が進み、人々の暮らしは快適になったが、最後の作業はいまだアナログである。アナログとデジタルのつなぎ役がコミュニケーションロボットなのかもしれない。