中国で国家主席の任期制限撤廃が提案される。これを受けてSNSでは「バック」も検閲対象に

あるAnonymous Coward曰く、

一党独裁ではあるものの国家主席の任期は憲法で2期10年と制限されていた中国において、中国共産党の第19期中央委員会第3回総会でこの任期制限を撤廃する憲法改正案が提示されたとのこと(AFP産経新聞)。これにより、本来2023年までが任期の習近平国家主席が、毛沢東以来となる終身の最高権力者となる可能性が示され、大きな注目を集めている。

……とここまでなら全然アレゲでは無いのだが、これに伴い中国最大のミニブログ「新浪微博 (weibo.com)」にて、さっそく「袁世凱」「わが皇帝」「万歳」「不老不死」などの単語がNGワードに追加されたことがTwitter上で報告されている(ツィート12)。

その辺の単語を連想するのはまあそりゃそうだと思うのだが、即日ブロックというのは、どの辺から指示がでているのか非常に興味深い。

また、SNSでは「歴史の逆行」という皮肉の意味で自動車をバックさせる動画も大量に出回ったそうだが、weiboでは「バック」「私は反対」という言葉も検索できなくなったという(朝日新聞)。

すべて読む | ITセクション | 検閲 | SNS | 中国 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
中国では北朝鮮の軍事行動に関する話題が検閲対象に 2017年09月06日
中国政府、ネット検閲を強化。ネットへのコメント投稿時に実名登録と運営による事前確認が必須に 2017年08月31日
英ケンブリッジ大学出版局、中国政府からの圧力で天安門事件などの論文を非公開に 2017年08月21日
中国のSNS「微博」で「JavaScript」という単語が検閲対象に 2017年07月18日
ノーベル平和賞を受賞した中国の民主活動家・劉暁波氏、死去 2017年07月14日