ファーウェイがノートPC「MateBook X Pro」を発表、カメラをキーボード部に内蔵

ファーウェイ(HUAWEI、華為技術)が13.9インチディスプレイ搭載のノートPC「MateBook X Pro」を発表した。ディスプレイ周辺のベゼル部が小さく、筐体正面のほとんどがディスプレイになっているのが特徴。さらに、Webカメラはキーボード部のF6キーとF7キーの間に配置されており、この部分を押すとキーボード部分から飛び出してくる仕組みとなっている(Engadget JapanesePC Watch)。

ディスプレイの解像度は3000×2000ドットで、タッチにも対応する。インターフェイスはUSB Type-C×2およびUSB 3.0 Type-A×1を搭載。重量は1.33kg。価格は1499〜1899ユーロ(約19.7万円〜24.9万円)だそうだ。日本での発売は未定。

すべて読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
ファーウェイの「大卒エンジニア初任給40万円」は中国内と比べれば安い? 2018年02月23日
ファーウェイでは毎年「下位5%」の人材を「淘汰」する 2017年12月04日
中国ファーウェイ、日本国内に工場を設立へ 2017年06月29日
英国、ファーウェイに対するスパイ疑惑については「シロ」と判定。ただし規制強化は行う方針 2013年12月20日