Apple製品の「緊急SOS」が便利すぎてApple公式の修理センターも誤発信を連発

Appleが「緊急SOS」機能を使いやすくした結果、自社の修理センターが誤報を連発してしまう事態に。