電通が「2017年日本の広告費」 を発表、ネット広告費の成長が続く

2月22日、大手広告代理店電通が「2017年 日本の広告費」を発表した。媒体別では新聞・雑誌・テレビの広告費は前年比減となったが、ラジオは微増。さらにネット広告費は増加し、トータルの広告費は前年を僅かに上回る状況となっている。

特に減少が大きかったが雑誌広告費で、前年比91.0%という水準。雑誌広告の減少はこれで13年連続となるという。また、新聞広告費は前年比94.8%だった。インターネット広告費は前年比115.2%増。

媒体別の広告費としては相変わらずテレビがトップ(シェアとしては30%)だが、ネット広告費がそれに次ぐ2位(24%)。新聞(8%)、雑誌(3%)、ラジオ(2%)が続く(木走日記)。

すべて読む | 日本 | 広告 | アナウンス | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
2018年の世界の広告費、デジタル広告費がテレビ広告費を上回るとの予想 2018年01月18日
厚労省、「ビフォア・アフター」型広告を禁止へ 2017年10月31日
ヤフーショッピングの「売れてる順」最上部に表示される広告、広告と認識されないおそれがあるとして消費者庁が問題視 2017年07月18日
KINCHO、新聞広告として超難解折り紙を掲載 2017年05月30日