日産とDeNA、自動運転タクシーの公道での実証実験を開始へ。2020年代の本格展開を想定

日産自動車とDeNAが3月5日より無人運転車両を使用した新しい交通サービスの実証実験を行う(日産の発表日経ビジネスオンライン)。

この実証実験は神奈川県横浜市のみなとみらい地区周辺で行われる。募集した一般モニターが対象でコースは限定され、またドライバー席にスタッフは乗車するものの、基本的に運転操作は自動で行われるという。公道を利用した実サービスへの展開を向けたものとなっており、遠隔管制センターも利用されるようだ。

両社はこの実験結果を踏まえ、2020年代早期に本格的なサービス開始を目指すという。

すべて読む | テクノロジー | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
米Alphabet傘下の自動運転車開発企業Waymo、ミニバンを数千台導入 2018年02月08日
自動運転中のTeslaが消防車に突っ込む事故、運転手には飲酒運転の疑い 2018年01月31日
「自家用車」は近いうちになくなるのか 2017年11月14日