将来Xperiaはデュアルレンズカメラに。ソニモバ、ISO 51200のスマホカメラ試作機を披露

スペイン・バルセロナで開催中のMWC 2018より。ソニーモバイルは、2眼レンズを搭載したスマホ向け新カメラシステムをデモしています。 開発中のチップセット「FUSION ISP」を使った同カメラシステムは、2つのレンズから取り込んだ光をIPSでリアルタイム合成。静止画でISO 51200、動画でもISO 12800という超高感度撮影実現するとのこと。 人間の眼の感度(ISO 1600相当)を上回るため、「人に見えないものが見える」とソニーモバイルの古海英之氏(写真=上)は発表会の壇上でアピールします。 なお、スマートフォンへの搭載を前提に開発しているものの、搭載時期などは未定であるとのこと。ブースでは実際に同カメラシステムを搭載したXperiaの試作機にも触れることができました。